カレンダー

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク
<< 木の芽の食べ方ご提案「飾り」 | main | 法月 佐賀産 >>

2016/05/30 月 [社長の独り言 【日々雑感】]

booth1.jpg

先日、宮崎に行った時のこと。お世話になっている会社の専務に、夕食をご一緒して頂いた。お腹もいっぱいになったので、おとなしくホテルに帰って寝ようかなと思っていると彼からお誘いの言葉が。『社長、ちょっと体動かしませんか?』訳がわからずキョトンとしているぼくをよそ目に、『近くですから』と言うと彼はスタスタと歩き出した。とりあえずついていくと、ゴルフバーというところにたどり着いた。そんな施設があることは知っていたけれど、これまで行ったことがなかった。所謂、シュミレーションゴルフ。スクリーンに映し出されるコースに向かって、本物のゴルフクラブで本物のゴルフボールを打つ。打席の前にあるセンサーが感知、分析して、自分の打った球がスクリーンの中を飛んで行く。とても、リアル。打席も前後左右が上下するようになっていて、本当のコースを再現している。お酒を飲みながら、歩くことなく、暑くも寒くもなくプレーできるのがとても面白かった。因みに、ぼくたちがラウンドしたのは、川奈ホテルゴルフコース。

ぼくが、ゴルフバーにはまった理由はもう一つある。それは、自分のスイングがすぐスクリーンに再生されること。自分のイメージしているスイングと、全く違うのに驚愕。『えっ、オレってこんな不細工なスイングしてるの?』と。いやー客観的に見ると、現実の自分とイメージの自分のギャップに愕然とするが、悪いところが手に取るように判って勉強になる。これって、ゴルフだけのことじゃないように思う。経営としての、そして人としての自分を、第三者の目で客観的に見ることが大切なんじゃないかな。友人、仲間、先輩、メンターといった人から、実際の自分を知らせてもらうようにしなければ。きっとゴルフのスイング以上に、現実の自分とイメージの自分とにギャップがあるんだろうな・・・(笑)。

| comments (0) | trackbacks (0) |

Comments

Comment Form

Trackbacks

ページのトップへ戻る