カレンダー

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク
<< 銀杏の葉 徳島産 | main | ひょうたん 静岡産 >>

2016/06/28 火 [社長の独り言 【プライベート】]

13511965_1029757017108389_3094258559684607321_n.jpg

6月26日に開催された、函館マラソンにハーフの部で参加してきた。
前日に函館入りして、共に走る同業者の友人たちと夕方合流。前夜祭で、盛り上がる。明けて、レース当日。函館マラソンにお誘いくださった同業者の奥様がホテルまで迎えに来て下さって、全員でスタート地点になっている競技場へ。前日の午前中はかなりの悪天候だったらしいけれど、レース当日は曇天ながらもなんとか中止という事態は免れそう。しかし、強風が吹き荒れる、なかなか厳しい天候だった。準備万端整えてスタート地点に並んでその時を待ったんだけれど、この時間がきつかった。というのも、寒いのである。滅茶苦茶、寒いのである。腕をさすったり、足踏みしながら耐えて、いざスタート。友人の後ろにくっついて行こうと思っていたら、その友人が思っていたよりも飛ばす!様子を見ながらゆっくりと走るんだろうと思っていただけに、ついていくのが精一杯だった。2〜3kmあたりでペースが落ちたので、ホッとした。途中から雨が降り出したり、海沿いの道では強烈な向かい風に苦しめられながらも、友人にくっついて行ってなんとか完走。タイムは、2時間30数分(はっきりと覚えていないけど36分だか37分だかだったと思う)。タイム云々より、今回は無理だと思っていただけに、完走できたことに大きな達成感があった。ちなみにぼくたちをこのマラソンに誘ってくれた友人の会社は、函館マラソンに協賛しておられ、エイドステーションにバナナやミニトマト、夕張メロンなどを提供されていた。とても郷土愛ともてなしの気持ちに満ちた、素晴らしいマラソン大会だった。
(写真:それにしても自撮り、苦手だな・・・)

| comments (0) | trackbacks (0) |

Comments

Comment Form

Trackbacks

ページのトップへ戻る