カレンダー

<< 2017/10 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/10/18 水 [商品情報]

ロマネスコという名前はイタリア語で、イタリアではローマで作られ、その地で食べられてきた野菜で、ブロッコロ・ロマネスコと呼ばれています。分類上はカリフラワーの仲間とされています。

最も大きな特徴は花蕾の様子で、フラクタルの構造をもち見事に美しい先が尖った螺旋状の模様を描いていることです。それは螺旋状に集まっている一つ一つの塊にも同じように螺旋が出来ていて、更にその中の小さな粒にも螺旋が出来ているのが分かります。まさに自然のアート作品のようです。


IMG_5166.JPG

| comments (80) | trackbacks (0) |

2017/10/18 水 [商品情報]

一般的な白いカブは煮物などに使われることも多いですが、赤カブは表面の綺麗な赤い色が煮物にすると活かせず、逆に煮汁を濁してしまうことになるので、漬物や生のまま食べる料理に使うことの方が多いです。

浅漬けなどにすると赤が鮮やかに映え、コリコリした食感もありとても美味しいです。また、スライスやくし切りなどにしてサラダに加えても美味しいです。


IMG_5165.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/18 水 [商品情報]

皮が黄色〜淡黄色のかぶ。甘味があり食感はホクホクとしていて、おもにスープや煮物に使われます。また、かぶの一種「ルタバガ(イエローターニップ/スウェーデンかぶ)」も煮崩れしにくいのでシチューなど煮物のほか、ゆでて料理の付け合わせに適しています。


IMG_5164.JPG

| comments (1) | trackbacks (0) |

2017/10/18 水 [商品情報]

ハヤトウリはメキシコ南部から南米北部にかけての熱帯アメリカが原産とされるウリ科ハヤトウリ属のつる性植物になる実です。アメリカではChayote(チャヨテ)、フランスではchristophene(クリストフィーネ)と呼ばれ比較的メジャーな野菜の1つです。

日本には1917(大正6)年に最初に鹿児島に持ち込まれ栽培が広まったため薩摩隼人の瓜という意味で隼人瓜と呼ばれるようになりました。

生のままスライスしたものに軽く塩もみしてから水で洗いアクを抜いた物をよく水気をふき取ってサラダや和え物に加えます。下茹でしたものでもいいでしょう。

浅漬けをはじめぬか漬、味噌漬、粕漬など様々な漬物に利用できます。コリコリとした食感があってオススメです。

IMG_5163.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/18 水 [商品情報]

キャベツやブロッコリーの仲間といわれています。
葉はさわやかな苦味、茎は甘みがあるのが特徴。国内では、高級な中国野菜と言われています。

軸を食べる感覚は、アスパラを食べるような感覚です。
味は、癖がなく甘みがあり非常に美味しいです。ブロッコリーに似た風味と言われる方もいます。

最近、スーパーでも見かける「スティックセニョール」がこのカイランとブロッコリーの
交配から生まれたそうです。

IMG_5162.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る