カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/12/25 月 [商品情報]

むくろじ大根、二十日大根の仲間で、実と葉がちょうど羽子板の羽根みたいになっています。

小さくて可愛い野菜です。


IMG_5259.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/18 月 [商品情報]

野萱草(のかんぞう)の若芽を 「芽甘草」といいます。のかんぞうは平地の土手や丘陵地に自生する多年草です。若芽、花、つぼみ、少し伸びたやわらかい葉が食べられます。


IMG_5256.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/18 月 [商品情報]

タラの芽はウコギ科のタラノキの新芽の事で、この新芽の部分を山菜として食用とします。ほのかな苦みや、もっちりした食感が春を伝える食材として人気があり、山菜の王様とも言われています。

付け根のハカマを取って使います。アクがあるので、一般的には天ぷらにされる事が多いですが、アクを抜いて色々な料理に使う事も出来ます。独特の香りがあり、これが季節を感じさせてくれます。

アク抜きした物は鰹節を振ってポン酢で食べても美味しいです。胡麻味噌和えなど色々なあえ物やおひたしで食べられます。


IMG_5255.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/18 月 [商品情報]

葉ごぼうは根の部分だけでなく、葉や茎も食用にするため栽培されているものです。

主に大阪を中心とする関西で食べられてきた野菜で、大阪八尾の特産でも知られ、「若ごぼう」という呼び名で親しまれています。

若ごぼうには、食物繊維や鉄分、カルシウムが多く含まれるだけでなく、食物繊維は、サツマイモの約1.4倍、鉄分は、ほうれん草の約1.6倍も含まれているそうです。

シャキシャキした食感が特徴的できんぴら、煮物、炒め物にオススメです。

IMG_5254.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/18 月 [商品情報]

コゴミ(屈/こごみ)は正式な名称をクサソテツと言い、シダ植物の多年草です。美しい緑の葉で、冬には地上の葉は枯れますが地下の株は越冬し、春から初夏に渦巻状の新芽が出てきます。食用に採るのはその新芽の部分で、地方によっては「こごめ」と呼んだりもします。

「こごみ」という名前は芽が出てくる様が人が前かがみに縮こまっているように見えるからの様です。

コゴミには同じシダ植物のワラビやゼンマイのようなアクはほとんどなく、採ってきたばかりの物なら生でも食べられます。

味も強いクセなどは無く、生の新鮮な物は少し独特の香りがありますが、茹でたものはそれもほとんど感じなくなります。
優しい歯触りが美味しく、噛んだ時に少しぬめりが感じられます。

コゴミは他の山菜と同じように一般的に天ぷらで食べる事が多いですね。天ぷらにする場合は下茹での必要はありません。

さっと茹でた物は鰹節を振ってポン酢で食べても美味しいです。胡麻味噌和えなど色々なあえ物やおひたしで食べられます。マヨネーズ系のあえ物にも使えます。


IMG_5253.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る