カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/03/17 木 [料理]

絹糸のようなヒゲと柔らかい薄皮(内側のみ)も、茹で・蒸し・揚げ・焼きで召し上がれます。南国沖縄から届いた甘い香りと味を愉しめる皮付きヤングコーン、塩をちょっとつけるだけで、顔がほころぶ美味しさです。

★茹でた皮付きヤングコーン

皮付ヤングコーン (2).jpg

皮付ヤングコーン (1).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/03/14 月 [料理]

シャキシャキとした食感があり柔らかい葉先は甘みとほのかな苦みを感じます。手でちぎってドレッシングをまとわせることによりロメインレタスの味がより引き立ちます。

★ロメインレタスのサラダ

ロメインレタスサラダ (3).jpg

ロメインレタスは水洗いをしたあと、よく水気をふきとってください。水っぽいとドレッシングが薄まり野菜との馴染みが悪くなりサラダの味が落ちやすくなります。
手で適当な大きさでちぎったあと、ボールにいれてドレシングをいれ、まんべんなくからむように混ぜ合わせます。お好みの食材(写真は皮付ヤングコーン、ニンジン、チーズ、クルトン)を加えてください。茎の方はベーコンと玉ねぎと炒めるともう一品簡単にできます。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/03/04 金 [料理]

青汁、サラダ、スムージなど生で食べる人気のケール。栄養価が高くベータカロテンは大体ブロッコリーの8倍、植物繊維はごぼうの3.5倍、カルシウムはキャベツの5倍です。油とともに摂取することでカロテンやビタミンEなど吸収しやすくなります。いつものお好み焼きにケールの葉っぱを適当な大きさにちぎって焼くと、表面は油によってケールチップスのパリパリ食感になり、苦みが和らぎ食べやすくなります。野菜炒めにいれたり、天ぷらにしたり、普段の食卓に並ぶ料理にすこし入れると食べて健康になりますね。

☆ケールのお好み焼き

ケールお好み焼き.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/02/25 木 [料理]

熱湯に少し塩をいれて30秒湯通した青パパイヤのサラダです。ほんのり甘みがあり、くせがない優しい味は色々な食材、調味料と合わすことができます。

青パパイヤとオイルサーディンのネギドレッシング和え

材料 青パパイヤ1/4個、オイルサーディン1尾、青ネギ適量、レモンの絞り汁小さじ1、お酢大さじ2、ごま油大さじ1、煮切り本みりん大さじ1、塩少々

作り方
青パパイヤは皮をむいたあと、ピューラーかスライサーで薄切りにします。
熱湯に少し塩をいれて30秒湯通して、冷水にさらし、キッチンペーパーでよく水気をふきとってください。
ボールに煮切り本みりん、ごま油、お酢、レモンの絞り汁を入れてよく混ぜ合わします。小口切りにした青ネギ、細かく切ったオイルサーディンをいれて、青パパイヤをいれて、和えます。塩で味を調えてたら完成です。

★青パパイヤとオイルサーディンのネギドレッシング和え

aopapaiyasalada (2).jpg

aopapaiyasalada (1).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/02/22 月 [料理]

口の中に広がる爽やかな甘さと食感はお料理にはもちろん、飾りとしてもお使い頂けます。通常の2倍まで伸ばすロングアスパラは茎の方から茹でてください。火が通り柔らかくなると曲げやすくなりお鍋に穂先まで入ることが出来ます。

ロングアスパラのリゾット
作り方
(2人前)
ロングアスパラ 100g ペコロス(小玉ねぎ)1個 米 1/2カップ バター 大さじ2 白ワイン 80cc 鶏ガラスープ 650cc 塩 適量 パルミジャーノチーズ 大さじ2
(飾り付け) ロングアスパラ 1/2本 イタリアミニトマト 2個 

作り方
米は軽く水洗いをしてザルにあげ水気をきります。(新米の場合は洗う必要はありません。) 熱湯に塩を少しいれてロングアスパラをさっと約3分茹でます。すぐに冷水につけて綺麗な緑色を保ちます。
キッチンペーパーでよく水気をふき取った後、食べたときにお米と一体感を感じれるようにするため、米粒大くらいまでみじん切りします。
鍋にバター大さじ1入れ、みじん切りしたペコロスを炒めます。次に米を入れて軽く炒めます。
白ワインを加えてアルコールを飛ばしながら炒め、鶏ガラスープを100ccまたは150cc加えて、中火で煮ていきます。木べらで米粒を壊さないように優しく混ぜつつ、鍋底に米がくっつかないように気を付けてください。慣れるまで少し難しいと思います。
スープがなくなりかけたら、再び鶏ガラスープを100ccまたは150cc足して同じように木べらで混ぜ、みじん切りしたロングアスパラを入れて煮ていきます。鶏ガラスープは数回にわけて足してください。
米粒を噛んで崩れる固さ(アルデンテ)になりましたら、バター大さじ1、すりおろしたパルミジャーノチーズ大さじ2を加えて軽くあおりましたら完成です。味見をして足りないようでしたら塩で味をととのえてください。

(飾り付けのロングアスパラ)
縦に8等分します。熱湯に塩をいれ約2分茹でます。すぐに冷水につけて色止めしてください。キッチンペーパーで水気をよくふきとり、お皿にリゾットをのせてロングアスパラを2本、くるくるとまわりを囲みます。最後に半分に切ったイタリアミニトマトをのせて完成です。写真は1人前です。

★ロングアスパラのリゾット

ロングアスパラ.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る