カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/01/21 木 [料理]

固めの皮がブロックとなり、加熱しても煮崩れしにくく皮も柔らかくなり食感が優しくなります。
加熱すると酸味が抜け、塩トマトの旨みと甘みが前面に押し出され、塩トマトのだしが鶏肉に浸み込んだ味は白ごはんが進むおかずになります。ビールの肴にもよく合います。

★熊本産塩トマトと鶏モモ肉の炒め

材料
塩トマト2個
鶏モモ肉1枚
玉ねぎ1/2個
塩コショウ、酒、だし醤油、みりん適量
作り方
フライパンに大さじ1の油をひいて一口大に切り塩コショウで下味をつけた鶏モモ肉を焼き目がつくまで焼きます。酒を大さじ2加えて軽く炒めます。
鶏モモ肉を取りだし、フライパンでくし切りにした塩トマトをじっくり焼きます。
塩トマトを取りだし、くし切りにした玉ねぎを焼き目が付くように焼きます。
再び鶏モモ肉をフライパンに戻して炒めます。最後に塩トマトを加えて火が通るまで炒めます。だし醤油、みりんを加えて全体が絡むように炒めれば完成です。

めんつゆでもだし醤油の代用ができます。
アレンジ料理として、酒の代わりに白ワイン、だし醤油を半量にして、オリーブオイル、乾燥オレガノ、バルサミコ酢を加えると、イタリア料理テイストになります。

熊本産塩トマトと鶏モモ肉の炒め

280121 shiotomato (3).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/01/18 月 [料理]

丸ごと衣をつけて天ぷらにすると、柔らかい食感と甘くて優しい四角豆の味が楽しめます。他の食べ方は、さっと塩ゆでして細かめに切ります。切り口が名前の由来通り「■四角」でユニークな形です。胡麻和え、サラダのトッピングにお薦めです。

★四角豆の天ぷら

shikakumame2801 (3).jpg

★四角豆の胡麻和え(マジックレッド入り)

shikakumame2801 (2).jpg

★四角豆

shikakumame2801 (1).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/11/04 水 [料理]

ヤーコンは生でも加熱でも召し上がっていただけます。生は梨のような甘さとシャキシャキ感が楽しめます。皮を剝いて細切りにしたあと水にさらして下さい。綺麗な白さを保つことこが出来ます。きゅうり、りんごも同じように細切りにして、トマトドレッシングと合わせました。最後にすりおろした柚子の皮をちらばめました。
揚げはさつまいものような甘さを楽しめます薄くスライスしたあと、片栗粉をまぶして揚げるだけです。
フラクトオリゴ糖、ポリフェノールを含み、整腸作用、便秘解消に効果や、動脈硬化、高血圧、糖尿病を予防する機能性があり、近年注目を浴びている根菜野菜です。

ヤーコン (1).jpg

ヤーコン (2).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/10/26 月 [料理]

弱火でじっくり焼き色がつくまで両面を焼いてから、割り下をいれてゆっくり火を通してください。最後に牛肉をいれます。下仁田ネギの甘みが口の中でとろけます。

shimonitasuki (2).jpg

shimonitasuki (1).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/07/30 木 [料理]

レッド、イエロー、オレンジのパプリカ入荷しています。シャキシャキ感と甘みの味が楽しめる夏らしい彩りのお料理に。同じ大きさに刻んで、サラダ、冷製パスタ、そうめんの具材にお使い下さい。ビタミンCを始め栄養価も高く、疲労回復、風邪予防などの効用があります。

トリコロールパプリカ料理 (3).jpg
★冷製パスタ

トリコロールパプリカ料理 (1).jpg
★クスクスのサラダ・タブレ

トリコロールパプリカ料理 (2).jpg
★パプリカ、きゅうり、白コーン、セロリ、イタリアパセリを刻みます。

| comments (0) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る