カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2009/08/28 金 [社長の独り言 【日々雑感】]

病院

今までも、まったく無かったわけではない。今までは、レアケースだっただけ。でもこれからは、だんだんこんなケースが増えてくるんだろうな・・・。ぼく自身だって、他人事では決してない。10人少しという小さな会社ではあるけれど、働いてくれている仲間とその家族の生活を預かっている立場にある。よくいわれることだけれど、ぼくの体は自分だけのものではないんだって改めて考えさせられた。

今週火曜日の早朝、会社用携帯にメールが入った。こんな時間に入るメールなんて、ろくでもない迷惑メールだろうとたかをくくっていた。何気なく見てみると、友人からのメール。彼は同業者であり、同じ立場であり、同い年であり、KGIBAの先輩であり、KGIBA受験を迷っていたぼくの背中を押してくれた恩人でもある。

「心筋梗塞で、手術を受けた。」 

にわかに信じられなかった。金曜日に一緒に食事して飲んでたのに、日曜日に心筋梗塞の症状がでて、月曜日に手術。火曜日の早朝にメール出来るくらいだから、手術は成功し術後の経過も良好なんだろう。大学時代はラグビー部に所属し、がっちりとした筋肉質の体から 「病気」 という言葉は無縁な人だと勝手に思い込んでいた。かなりのハードワークと心労が、彼の体に相当なダメージを与えていたのだろう。同い年の友人が、病気で手術。高校の時にも同じようなことがあったけれど、その時はたまたま運悪く病気になって手術を受けたんだってくらいにしか感じていなかった。しかしもうすぐ50歳という歳で同じことを経験すると、 「たまたま運悪く病気」 とは思えず、何らかのダメージを長年にわたり受け続けてきた結果なのではと感じてしまう。10代のころはぼんやりとさえ見えなかった老いや死というものが、次第にくっきりと見え始めてきたという感じだろうか。かといって決してネガティブに捉えているわけではなく、むしろポジティブにこれからの人生を考え、存分に愉しんでやろうと思えている。

今日、お見舞いに行ってきた。ほんの少しだけ顔がむくれているように感じたけれど、思っていたより元気で顔色もよかった。そんな状態だったのでついついながいして、色々と話をした。彼とじっくりと話し込むのは考えてみると、久しぶりの事。お見舞いに行ったのに、彼との会話の中からいろいろと教えられる事があった。ぼくが病室に入ったとき、彼が読んでいたのが日経アソシエ。せめて入院中くらいゆっくりと静養して欲しいと思うんだけど、彼の頭の中は退院後の会社のことで一杯の様だ。聞くとちょうど大きな組織変更に、着手したところだそうだ。はやる気持ちは判るけれど、まずは静養。退院したら、十三のB級グルメな店で、大いに飲みましょう。

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/07/12 日 [社長の独り言 【日々雑感】]

ワイヤレス

遅ればせながら、我が家に無線LANが導入された。早速ぼくのパートナーのノートパソコンを、持って帰って試してみる。簡単な設定を行うと、無事無線LANでメールチェックが出来た。この無線LAN、使ってみて感じたのは本当に便利。場所を選ばないって、本当に便利。新しいものが善で、古いものは悪だとは決して思わないけれど、新しいものにトライしなければ判断できないことは間違いない。どんどん新しいものにトライして行こう、好奇心に従って。

| comments (4) | trackbacks (0) |

2009/06/21 日 [社長の独り言 【日々雑感】]

Tシャツ

ニューヨーク帰りの友達から貰ったお土産。
この人、人気ないのかな?

| comments (4) | trackbacks (0) |

2009/05/29 金 [社長の独り言 【日々雑感】]

「ひまわりのような人」
一言で言い表すなら、この言葉がぴったり来る人だった。
ぼくもこうなりたいと思う、大好きなご夫婦。
また、すばらしい社長と専務。
笑顔しか、思い出せない、とても明るく闊達な方だった。

式場に入ると、息子さんがぼくを見つけて、歩み寄ってきた。途中から泣きじゃくって、ぼくのほうへと。ぼくには彼に掛ける言葉が見つからず、肩を抱いてあげるのか精一杯だった。式の最後に、喪主である社長が挨拶をされた。それまでは気丈に振舞っておられたが、抑えきれなくなったのだろう。挨拶の、言葉にならない・・・。勿論そんな社長の姿を見るのは初めてのことだったが、とても素敵な方だと心からそう思った。素晴らしい、ご夫婦だと心からそう思った。出来ればもう一度、ゴルフをご一緒したかった。だって随分前になるけれど、前にご一緒した時ぼくはスクラッチで負けてる。リベンジを果たしたかったのに、勝ち逃げするなんてずるいですよ。それも今では、叶わぬことなんですね・・・。


あとひと月もすれば、ひまわりが咲き誇る季節がやってくる。
心よりのご冥福を、お祈り申し上げます。

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/04/26 日 [社長の独り言 【日々雑感】]

携帯電話

会社から、営業チームスタッフに携帯電話を貸与して半月。機種の選定にあたって、ショップにリクエストしたのはただ一点。それは、電池の持ちがいいこと。瞬時にショップの店員さんが、このモデルを勧めてくれた。現物を見て驚いたのは、その薄さと軽さ。ぼくがプライベートで愛用しているモデルと比べると、薄さは約半分くらい。ぼくの愛用モデルは2年前に購入したものだし、メーカーも違うので単純に比較はできないかもしれない。けれどこの2年間の携帯電話の進歩には、目覚ましいものがある事は確かだろう。

さて、ぼく自身はどうだろう? うちの会社はどうだろう? 
2年間で、どれだけの進化を遂げることができたのか? 
はたまた現状維持が、精いっぱいなのか? 
どんどん進化していく携帯電話を見て、ふと考えさせられた。

| comments (0) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る