カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2009/01/30 金 [社長の独り言 【日々雑感】]

昨日自宅で病気療養中の、弊社顧問から電話があった。彼は昨年の春、鼻のなかにおかしなできものが現れ調子が良くなかったので検査をしてみると、悪性リンパ腫であると診断された。超ポジティブ思考な顧問は、 「そのうち、戻ってい来るから」 と前向きに抗がん剤による化学療法を続けている。病院での治療で一番つらいのは病室からゴルフ練習場のネットが見えることだと言っていて、何度か電話でも 「つまらないから調子のいい時は、屋上でクラブ振ってるんだ」 なんて話していた。是非ともまた一緒に、ラウンドしたいものである。さて昨日の電話の内容は、最初にできものが見つかったあたりにまたできものが見つかったので、PETの検査を受けたらしくその結果についてだった。幸い鼻のできものは、悪性のものではなかった。が今度は大腸が、引っ掛かった。はっきりとは分からないが少し影があるとのことで、今日内視鏡で精密検査を行うらしい。

大腸と言うと我が家の次男坊も、厄介な病気を患い現在その病気と決別すべく健闘中である。彼が患っている病気の名は、潰瘍性大腸炎。現在の医療では完治する方法が確立されておらず、国が指定した特定疾患なのである。昨年秋病状が悪化し、大腸の全摘出手術を受けた。彼の場合、体へのダメージを考慮し手術は3期に分けられ、先日2期目の手術が行われた。今のところ経過は順調であるが、予断は許されない。

たまたまだろうけれど身近に大腸に関する病気と接することが多くなり、よく言われているように食事と何らかの関連があるのかなと考えてしまう。先行研究を調べたわけではないので、いい加減なことはいえないが、食に携わる者としてこの部分は興味深いテーマと感じている。みんなが健康で、そして笑顔で暮らせように、そんな社会にしていけたらと・・・。本当に微力ながら何かできないものかと、そう思う。 
「食を通じて、多くの笑顔を!」 
弊社グループ事業理念の具現化が、ぼくのライフワークなのかと感じている。
なんだか大きなことを言ってしまったけれど、笑顔で和気あいあいと、楽しい仲間と、楽しい会話と、一緒に食事しているって素晴らしいと思いませんか?
もし食事からカラダを健康に保てることが出来たら、とっても素晴らしいと思いませんか? 
そんなシーンのお手伝いができたらと、心から考えている。

| comments (8) | trackbacks (0) |

2009/01/05 月 [社長の独り言 【日々雑感】]

参考図書

大学1回生の、長男が持ってた本。
これを読んでレポートをという課題が、課せられたらしい。
課題の提出も無事修了ということで・・・、彼から借りて読み始めてみた。
これが、なかなか面白い。
大学1回生といえど、侮れないものですね。

| comments (2) | trackbacks (0) |

2008/12/28 日 [社長の独り言 【日々雑感】]

本日は日曜日だけれど、市場は開場。すなわちいつもと同じ、業務が行われている。年末のこの時期は年間でも一番の繁忙期で、僕がこの会社に入社した頃は夕方5時や6時まで店にいたことを思い出す。でもここ数年、年末の様子がずいぶん変わって来ているように感じる。特に今年は不景気感が蔓延していて例年よりそう感じるのかもしれないが、どうも動きが鈍い。当社が得意とする業務向けの食材は特にその傾向が強いようで、スーパーメインで営業している同業者は厳しいとは言うもののそこそこの数字を残していると聞く。さてこの状況を、どう捉えるか?

どんな業種・業態でもそうかもしれないけれどある程度、外的な要因に影響を受ける事は避けられないのではないだろうか。でも多くの外的要因は、予測可能であることもまた事実。その影響を最小限にするための手を打ち、対策を講じているかどうかが、業績に反映するんじゃないだろうか。打ち手には即効性のものと遅効性のものがあると思うが、先を見越して今どれだけの種を蒔いているかが大事なんじゃないだろうか。即効性の打ちては誰でも比較的模倣できるような気がするけれど、問題は数年後の為に今何をしていますかってことなんだろう。 「重要であるけれど、緊急ではないこと」を、きちっとやっている組織は強い。すなわちこれこそが、遅効性の打ち手なんだと思う。今年を振り返るのは少し早いけれど、いくつか数年後の為の種を蒔いてきた。効果がすぐに現れない事は判っていたけれど、それでも時々これでいいのかと不安になることもあった。でもその度にじっくり自分と向き合い、これで間違いがないと確認し、粛々と種を蒔き続けた。来年は今年蒔いた種に、水をやり、肥料を入れて、じっくりと育んでいくことにしよう。いつか咲く、きれいな花を夢見て・・・。

こんなことを考えるってことは、やっぱり暇なんだ・・・。

| comments (4) | trackbacks (0) |

2008/12/20 土 [社長の独り言 【日々雑感】]

毎日チェックしているサイトの一つ、「松下幸之助 一日一話」
松下電器産業(現パナソニック)創業者 松下幸之助翁が生前に語った英知と洞察にあふれることばを、毎日一話ずつご紹介してくれている。
今日のテーマは、「日に十転す」 

スピード感を持って、変化し続けることが重要だと説いている。まるで今の時代を予言しているかのようで、恐れ入る。変化することを、躊躇してはいけない。簡単なことではないけれど、時代の流れに柔軟にそしてスピーディーに対応することはとても大切である。どんな人でも多かれ少なかれ、変わることに恐怖を感じる。誰もが今までの経験、特に成功体験を否定することに抵抗がある。だけれどもほんの少しでも変われたと感じたら、なんだかとってもうれしい気分になれる。そんなちょっとしたうれしさを積み重ねていくと、その先にはきっともっともっと大きなわくわくする愉しい気持ちが待ってるんだろうと思う。
そこまで行って、もっと大きなわくわく感を体験してみることにしよう。


-------------------------------------------------------------------------
古人は“君子は日に三転す”と言ったという。君子は時勢の進展というものを刻々と見て、それによく処しているから、一日に三回も意見が変わっても不思議ではないというのであろう。

今日はおそろしくテンポの早い時代である。そうした時代に、十年一日のごとき通念で、ものを見たり考えておれば判断をあやまることも多いだろう。昔ですら君子たるものは一日に三転しなければならなかった。テンポの早い今日では、日に十転も二十転もするほどの識見と判断の素早さを持たねばなるまい。

人間の本性は変わらぬものだが、その上に立って、変わりゆく時勢の進展に刻々と処していくことが大事だと思う。
(松下幸之助 一日一話より)
-------------------------------------------------------------------------


松下幸之助 一日一話

| comments (2) | trackbacks (0) |

2008/12/10 水 [社長の独り言 【日々雑感】]

迷惑メール

本日は本年最後の、平日の市場休場日。先週中盤からちょっとスケジュールが立て込んで、久々にバテバテの状態でした。と言う事で今日は朝寝を決め込んで、先ほど目が覚め時計を見ると時間はAM9時。我ながら良く寝たと感心しながらPCを立ち上げて、メールチェック。緊急を用意するメールはなく、続いて携帯電話をチェック。メールが8件。確認してみると、全部所謂迷惑くメール。以前はこの手のメールは全く来なかったんだけれど、ここ3日ほど前から異常に迷惑メールが届くようになってきた。迷惑メールのアドレスを拒否リストに登録して、メールを削除。この作業がいちいち面倒くさいし、やっているうちにだんだん腹が立ってきた。アドレスを、変えようかな? 変えたら変えたで、アドレス変わりましたって連絡しなくちゃならないし・・・。いずれにしても、迷惑極まりないメールです。

| comments (2) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る