カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2007/09/14 金 [社長の独り言 【プライベート】]

武相荘

やっと以前から行きたいと思っていたところへ、行く事ができた。
東京の経営者との情報交換と、市場調査で昨日から東京へ。
今回の上京ではあまりスケジュールを詰め込まずに少しゆとりを持った計画を立てた。
と言うのも、以前から一度訪れたいと思っていたところへ行くため。
向かった先は、旧白洲邸 武相荘。

去年たまたま行った病院の待合室で、白洲次郎を特集している雑誌と出会った。それ以来、彼にまつわる本を数冊読んだ。そしてとても気になる存在として、常に僕の心に住み続けた。野球少年がイチローに憧れ、サッカー少年が中田を追いかけるような、そんな感情が芽生えたのかもしれない。彼のような、凛とした生き方をしてみたい。

武相荘

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/09/12 水 [社長の独り言 【プライベート】]

今日は何の予定もない、平日の休み。
暑い大阪から涼を求めて、京都へと出かけた。向かった先は、8月に所属している経営者交流会の東西合同例会懇親会が開かれた、貴船の川床。流石に9月ともなると風が変わっていて、涼しいというより少し肌寒いくらいだった。いつもより少し贅沢な昼ごはんの後、腹ごなしにと貴船神社へ参拝した。ここ貴船神社は賀茂川の水源に当たる事から、水を司る神様が祀られており、公的には降雨止雨を祈る神として、民間では男女の仲を守る神、、あた悪縁を良縁に転ずる神として広く信仰されてきたそうだ。ここの名物、水占いにチャレンジしてみた。

水占い

何も書かれていないおみくじの中から好きな一枚を抜き出し、
境内の霊泉に静かに浮かべると・・・

水占い2

あら不思議、文字が浮かび上がってきたではありませんか!
結果は、大吉。商売の欄も、良い事が書いてあった。
やっぱり、昨日がサクセスストーリーの始まりだったんだ。(笑)

次に向かったのが、鞍馬寺。貴船神社のすぐ近くに鞍馬寺の西門があり、そこから鞍馬寺に向かい、その後鞍馬温泉で汗を流そうという計画。
西門から山に入ると、思っていた以上に厳しい勾配の山道。

鞍馬

正直、きつい!休憩を随時取りながら、体力の衰えと日ごろの運動不足を感じながら何とか鞍馬寺に到着。

鞍馬寺

ちょっと変わった、こま犬。

御茶所で、冷やしぜんざいを頂く。これが、美味!暫し休憩の後、下山する事に。
軟弱な僕は迷わずケーブルの乗り場へと向かって、無事仁王門まで下りた。
最終目的地の鞍馬温泉へふらふらと歩いていると、送迎バスが拾ってくれあっという間に温泉に到着。ハードな鞍馬寺での疲れをゆっくり癒して、家路に着いた。

| comments (3) | trackbacks (0) |

2007/08/22 水 [社長の独り言 【プライベート】]

生まれてこの方、一体何人くらいの笑顔に出会っただろうか?
そんな今まで出合った笑顔の中でも、決して忘れられない一番印象に残っている笑顔がある。

今から20年前、妻との結婚を許して頂こうと妻の実家を訪れた。残念ながら彼女のお父さんはその時既に鬼籍に入っておられたので、僕は緊張しながらお母さんの前に正座をして結婚の許しを頂きたいと両手をついてお願いをした。実は僕と妻は結婚までの時間が非常に長く、要するに付き合っていた期間がとっても長かった。なのでお母さんもいずれは僕たちが夫婦となるという事を、すごく自然にそして暗黙の内に了承してくださっていた。
でも一応きっちりとご挨拶をしたかったので、改めてお母さんの前での緊張のシーンとなったのだ。
一通りご挨拶とお願いを申し上げて顔を上げてみると、素敵な本当に素敵な笑顔で、
「永い間、お待ちしていましたよ。こちらこそ、よろしくお願いします。」と言って下さった。
この時のお母さんの笑顔が、忘れられない。
語彙が豊富でない僕には上手く表現できないけれど、すごく穏やかで、慈悲に満ちた菩薩様のような、本当になんとも言えない最高に素敵な笑顔だった。
気が付けば、あれから20年が過ぎている・・・。


昨夜遅くに、義母が鬼籍に入ったとの一報が・・・。
僕の中で、あの時の笑顔が鮮明によみがえった。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/08/15 水 [社長の独り言 【プライベート】]

二両半

昼頃、義妹の見舞いに。思ったより元気だったので、少し安心した。今日の午後には、検査の結果が出るそうだ。凄く綺麗で、通路も病室も空間的な余裕がとてもあって、今まで訪れた病院の中では一番良い環境だと感じた。話に聞くと先生の対応も良いらしく、何より外来で来ても待ち時間が殆どないらしい。こんな病院だと、病気も良くなるような気になる。でもこんな気持ちって、大切だと思う。

見舞いの帰り、お昼でお腹もすいてきたので、ラーメン屋さんに飛び込んだ。
真夏の暑さ全開の昼に、汗だくになってラーメンをすするのも悪くない。

二両半 都島店



夕方、弟から検査結果の報告が。
幸い非常に軽いレベルで、投薬の必要もないそうだ。
本当によかった。お大事に!

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/08/14 火 [社長の独り言 【プライベート】]

サマーバイキング

お盆の恒例行事となりつつある、あるホテルでのサマーバイキングへ一族で出かけた。残念なことに、義妹が体調不良のため不参加。華やかで賑やかな会場で時折見せる姪っ子の、寂しそうな表情が痛かった。↑は今回のお気に入り、明石焼き。

このホテルのサマーバイキングにはじめて行ったのは、我が家の子供たちが幼稚園の頃だからもう10年以上前になる。毎回趣向を凝らした企画で飽きないのと、料理が結構美味しいので我が家では好評である。着ぐるみのキャラクターと写真を撮ってくれるサービスがあり、これがなかなかお気に入り。何のことは無い普通のポラロイドで、ホテルのスタッフが撮ってくれるのでごくごく普通の出来栄えで特別写真的に優れているというわけではない。でもその“時”を、しっかりと切り取ってくれる。我が家にも、数枚のポラロイド写真が飾ってあって、確実に僕たちにも歴史があるんだなって思う。ポラロイド写真を見るたびに、その“時”が克明に蘇える。流石に高校生になった息子たちは、着ぐるみの横でピースサインと満面の笑みでポラロイド写真に納まることはしなくなった。その代わり、姪っ子と甥っ子が微笑んで写っていた。彼らにもこれから少しずつ、歴史が創られて行くんだろう。

このサマーバイキングに来始めた頃は、父も一緒だった。今では、一緒には来られない。愉しそうに食事をしいるみんなを見ていると自分たちが今ここで生きていることのありがたさと、これまでの歴史をつむいできたご先祖さまへの感謝の念がふつふつとわいてきた。こんな思いになるのはお盆と言うのに忙しさを言い訳に墓参に行っていない僕を、おやじが上から説教しているのかも知れない。我が家の墓は自宅から徒歩15分、愛犬の散歩コースの途中にある。なのでちょくちょく散歩の途中で立ち寄って線香をあげている。とは言うものの、やっぱり盆には参って欲しいんだろうか? 早速明日にでも、手を合わせに行ってこよう。でも迎え火を焚いてご先祖さまご一行を実家にお招きしているのだから、墓は誰も居ないすなわち留守って事か?留守宅に、挨拶に行ってもな・・・。考えるとわからなくなってくるから、墓参をしてそれから実家の仏壇にも手を合わせることにしよう。

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る