カレンダー

<< 2017/08 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/08/05 金 [社長の独り言 【本】]

IMG_5711.jpg

数年前に、ある勉強会でこの本の著者のお話を伺ったことがある。

彼女は結婚するまで、国際線のキャビンアテンダントとして活躍されていた。高校受験の頃から、カーネギーやナポレオン・ヒル、マーフィーと言った欧米流の成功哲学を信じ、実践し、叶えたい夢を次々叶え、まさに多くの成功を手中に収めた。欧米流の成功哲学の特徴の一つは、『善・悪』『損・得』『勝ち組・負け組』といった二元論に基づき、いかにしたら人生や仕事の勝者になれるかを説いている点にあると、彼女は言う。ただこういう目標達成型の哲学は、受験に合格するだとか資格をとるだとかといった短期間の目標については有効な手段かもしれないが、この思考に長く浸かってしまうと、欲望が際限なく広がり、達成感は得られても安心感や幸福感、心の底からの自尊感情は生まれることがなく、逆に敗北を恐れる気持ちばかりが高まるようになるらしい。少なくとも彼女はそうだったと、言っている。その後ある病気との闘病をきっかけに、西洋式の二元論から離れ、西洋の成功哲学に代表される『目標達成型』ではなく『天命追求型』の生き方が、日本人が歴史の中で培った姥らしい生き方であることに気づいたと言っている。天命追求型とは将来の目的に縛られることなく、自分の周りの人の笑顔を何よりも優先しながら、今自分の置かれた環境でベストを尽くす。それを続けていくと、天命に運ばれ、いつしか自分では想像もしなかった高みに到達するという考え方。それを豊臣秀吉や伊能忠敬らを例に挙げ、わかりやすく説明をしてくださった。その説明が、ぼくにはストンと腹に落ちた。そうかそれでいいんだって、気持ちが楽に軽くなったことを覚えている。

この本は、著者の処女作。読んでみると、日本人って素晴らしい民族だなって感心させられた。と同時に、どうしてこの内容を学校で教えないんだろうと不思議に思った。先人たちの生き方、考え方に、きっと大きな誇りを覚えるだろう。内容は決して難しいものではなく、気軽に手軽に読める本。オススメの、一冊である。


人生に悩んだら「日本史」に聞こう
白駒妃登美 著 祥伝社

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/07/08 金 [社長の独り言 【本】]

IMG_5667ss.jpg

来週、愛媛の松山に行く。仕事仲間の勉強会の例会が、彼の地で行われるのである。松山と夏目漱石について学ぶらしく、事務局から参考図書として坊ちゃんを推奨された。じゃってことで、読んでみた。

読書家では決してないぼくは、思い起こしてみるとまともに夏目漱石の本を読んだことがないことに気付いた。『吾輩は猫である』は、途中で断念した。『こころ』は、確か高校の時の夏休みの課題図書だった。読みたくて読んだわけじゃないので、全く頭に残っていない。文体がどうのだとか、表現方法がどうのだとか、そんなことはぼくには判らない。が、読み終えての感想は・・・、この本が何故それほどまでに有名で代表作の一つとしての地位を築いているのかが判らない。筋はいたって単純で、松山での出来事が綴られているだけ。ぼくの読解力が乏しいせいか、なんの変哲もない本としか思えないでいる。願わくは、松山での学びでこの作品の良さに気付きたい。しかし、自分の能力の無さに、ほとほとあきれ果てる(笑)。


坊っちゃん
夏目漱石 著 角川文庫

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/06/06 月 [社長の独り言 【本】]

IMG_4462.jpg

読書家という訳でも、活字中毒という訳でもない。でもこれまでのズボラがたたって、懸命に勉強しなければならない状態にある。だから、本を読まなければならない。幸い好奇心は衰えていないようで、読んでみたい本が次から次にあわられる。どちらかというと几帳面なぼくは、本を最初から順番に最後まで読み終えなければならないと考えてしまう。そんなぼくに業を煮やし、友人から何度もアドバイスを受けた。興味のあるところから読む、順番など無視して読む、途中で面白くないなと思ったら読むのをやめる、複数の本を同時に読むなどなど。ところが、なかなか自分のスタイルを壊せないでいた。でも今回は、友人のアドバイスに従うことに。この本とのお付き合いを、一旦休憩することにした。理由は、どうもぼくのレベルでは日本語訳がしっくりこなく、よくわからない部分が多く出現するのである。そうなると意味を理解するために、じっくりと時間をかけて考えることになる。もともと読書の速度は速いほうではないので、少々読み込むのに時間が掛かっても問題はないんだけれど、どうもノリきれないというか・・・。テーマはとても興味深く勉強したいなって思うものなので、またいつか続きを読もうと思う。たぶんそう遠くない将来に、再び手にすると思う。その時まで、ちょっと休憩。しかし、もっと本を読んで勉強して、頭を鍛えなければいけないな・・・。


フロー体験 喜びの現象学
M.チクセントミハイ 著/今村浩明 訳 世界思想社

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/05/21 土 [社長の独り言 【本】]

IMG_5654ss.jpg

どうやらはまったようで、続編を購入。さくっと読めるので、あっという間に読了。今回の本での感想は、ちょうどその時期だったのだろう、東北の震災に関するものが多く見受けられた。作者が仙台に居を構えていることも、大きな要因だろう。私たちの会社は大阪にあるので、阪神淡路大震災を経験している。先日、所用で熊本を訪れ、地震の爪跡をこの目で見てきた。月並みな言葉だけれど、自然の前では人間の力など無いに等しい。ぼくはそれでいいのだと、そう思う。この所、人間は奢ってはいないだろうか?謙虚な気持ちや、自然への畏敬の念と言うものを、どこかに忘れてしまっているのではないだろうか?自戒の念を込め、書き留めておきたい。


続・大人の流儀
伊集院静 著 講談社

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/05/17 火 [社長の独り言 【本】]

IMG_5650.JPG

しばらく前に読んで、この人の文章とエッセイというカテゴリーにはまったようだ。ということで、シリーズを最初から読んでみることにした。とは言ってもエッセイだけに、気軽に手軽に読むことができる。ぼくの友人は類は友を呼ばず、勤勉な奴がとても多い。そんな彼らにオススメの本を聞くと、とても難しいものばかりを紹介される。折角紹介してもらったので頑張って読んでみるものの、ぼくにはかなりのエネルギーを必要とする。そんな時にこの人のエッセイが、一服の清涼剤のように感じられる。言葉の切れも、内容も潔くて良い。

『いやしくも経営者であるなら、そんな楽な本ばかり読んでないで、もっと勉強しろ!』とお叱りを受けそうだが、一応勉強の本も読んでいる。ただこちらの本、読了の報告がいつできるか現在のところ不明。内容が難解な上(あくまでぼくにとってだけれど・・・)、翻訳がいまいちフィットしていないように感じ、ただでさえ遅い読書スピードがさらに遅くなっているからである。しばらくは硬軟織り交ぜて、手強い本の解読に勤しむことにしよう。そのためにも大人の流儀シリーズは、ありがたい存在である。


大人の流儀
伊集院静 著 講談社

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る