カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/03/29 火 [社長の独り言 【本】]

IMG_5631ss.jpg

久々の本に関する投稿だけれど、これから少しずつまた復活させていこうかと思っている。まっ、『こいつ、こんな本読んでるのか・・・』 程度に、読み流してもらえたらありがたい。大体、ぼくが書評じみたなものを、書けるはずもないのである。

ぼくはこれまで、エッセイと言うジャンルの本を読んだことがなかった。だからエッセイと言うものがどういうものなのかよく判っていないし、だからこの本を読んで、ああだこうだと書くつもりもないし、お勧めしたりしなかったりと言うことをするつもりも毛頭ない。本当に、個人的な感想であることをお許しいただきたい。

この本はただ純粋に、痛快で、切れ味がよく、読んだ後に何とも言えない心地よい気持ちにしてくれた。ぼくにとっては、エッセイって面白いなと思させてもらえた貴重な体験だった。タイトルにあるように、このシリーズの5作目の作品らしい。と言うことは、あと4冊は同じように愉しませてもらえるってことだ。伊集院静という人物のことをよくは知らないけれど、なかなか骨のある今の時代には必要とされる人のように思えた。


追いかけるな 大人の流儀5
伊集院静 著 講談社

| comments (0) | trackbacks (0) |

2013/05/22 水 [社長の独り言 【本】]

夢を叶える象2
若手スタッスから『社長、面白い本見つけましたよ』って勧められたのが、夢をかなえるゾウ。もう数年前の話である。それまでほとんど本など読まなかったんだけれど、勧められた本を読了してから読書の面白さに気付き本と親しむようになって行った。そのきっかけを貰った本の続編を本屋で見つけたので、買ってみた。さすがに前作ほどのインパクトはなかったけれど、巻末にある参考文献のなかから数冊読んで見たい本を見つけた。そういう意味では、この本との出会いも意味あるものだったのだろう。


夢をかなえるゾウ 2
水野敬也 著 飛鳥新社

| comments (0) | trackbacks (0) |

2009/12/14 月 [社長の独り言 【本】]

走る男になりなさい

自己啓発モノが好きなぼくですが (そうしないと、すぐに安きに流れてしまうので・・・)、 読み物を買って読んでみた。読み物といっても、自己啓発的要素満点だけれど、まっそこはご愛嬌。さくっと読めて、ぼくにとっては面白かった。結末が途中でわかってしまったあたり、もう一ひねり欲しかったかなって感じかな・・・。11月のフルマラソン以来、全然トレーニングをしていないぼくにとって、もう一度走ろうと思わせてくれる一冊だった。


走る男になりなさい
本田直之著 サンマーク出版

| comments (0) | trackbacks (0) |

2009/11/30 月 [社長の独り言 【本】]

脳に悪い7つの習慣

KGIBAでの学び以来、それ以前のぼくと比べると格段に本に触れる機会が多くなった。
それ以前のぼくはというと、恥ずかしいくらい本など読まなかった。KGIBAでの授業で論文やケース、また参考文献を読まざるを得ない状況となり、40歳半ばにしてようやく本を読むようになった。強制的ではあるにせよ一度そのような習慣が付くと、さほど本に対して拒絶感を感じなくなり、むしろ色々なことを教えてくれる本が面白く思えるようになった。そんな変化もあって、KGIBA修了以降も、ちょこちょこ本を読むようになった。

所謂ビジネス書や著名な経営者の書かれた本を読んでいくと、多くの経営者が同じことに付いて書いている “ポイント” のようなものがあるように思う。「この文章の意味って、同じようなものをどこかで読んだような気がするな? あっ、あの人の本に同じ意味のことが書いてあったな。」 なんてことがよくある。例えば、 「常に相手の立場に身を置き、相手の立場から物事を考える」 多く本に、同じ内容の文章を見つけることが出来る。それだけ多くの著名な経営者が言っているのだから、こうすることが大切なんだなってくらいにしか思っていなかった。でもこの本は、脳神経外科医の著者が 「脳の仕組み」 から何故そうすべきなのかと言うことを、判り易く端的に説明してくれている。すこーんと、腑に落ちた。



脳に悪い7つの習慣
林成之著 幻冬舎
 

| comments (0) | trackbacks (0) |

2009/11/09 月 [社長の独り言 【本】]

成功は一日で捨て去れ

ぼくの周りの人たちが、こぞって読んでいる本。それじゃーと、読んでみた。
ぼくにとってはこの本の前の著書「一勝九敗」の方が、インパクトあったかな・・・。
でも大いに刺激を受けた事は、確かである。
もう一度、気合を入れなおさなければ。


成功は一日で捨て去れ
柳井正著 新潮社

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る