カレンダー

<< 2006/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2006/12/02 土 [-]

関学

26年ぶりの経験・・・、今日は入学試験を受けてきた。
志望したのは、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科。初めて関西学院のキャンパスに足を踏み入れたが、これぞ大学と言う雰囲気に満ち満ちていて学ぶ為の環境がとても整っているのに驚いた。今日は大学の推薦入試の日でもあったようで、大勢の受験生がそれぞれの試験場へと足早に歩いていた。付き添いで来られている父兄の方々は、我が子の合格を祈りとても寒い中ベンチでじっと校舎のほうを見ておられた。頼もしい援軍だ。当然私は1人で寒さに背中を丸めて、校舎へと入っていった。そう援軍といえば今日は先日頂いた真っ赤な勝負パンツを身につけ、関西学院のロゴ入りシャープペンシルで試験に臨んだ。私にも、頼もしい援軍がいたんだ・・・。

試験会場の教室に着くと、もう既に多くの受験生が着席していた。自分の受験番号の張られた席を探し、やっと着席。教室の中を見回してみると、みんなとっても賢そうに見えてくる。こんな感覚も、26年ぶり。いまだに自分に自身が持てていないんだと、成長の無い自分に少しへこむ。試験は小論文問題、時間は90分。久しぶりに、目一杯集中した90分だった。終了後、達成感と充実感があった。出来栄えはと言うと・・・、自分の考えをきちんと書くことが出来たと思う。少々の手ごたえは感じたが、私の考え方が間違っているとヤバイ・・・。まっとにかく悔いの残らない答案が書けたので、よしとしよう。
残るは、来週の面接のみ。
さて季節外れのサクラを、咲かせることが出来るだろうか?

| comments (2) | trackbacks (0) |
[1]
ページのトップへ戻る