カレンダー

<< 2016/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/12/02 金 [農業]

約20種類のミニトマト&トマトを栽培している生産者さんの圃場を見学させて頂きました。

IMG_4546.JPG



IMG_4547.JPG


IMG_4548.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/12/02 金 [商品情報]

フルーツトマトの中で、特に、「塩トマト」との名称のトマトは、熊本県八代の海岸沿岸部の特定地域(干拓地・土壌に塩分を含む)で栽培されるトマトを指します。

果皮が分厚く一般トマトと比較し歯ごたえがあり、風味豊で高糖度と濃厚な味覚でジューシー。甘いだけのトマトは、外にもあると思いますが、濃厚で旨みが詰まった味で、しっかりした果肉のトマトが塩トマトの特徴です。


IMG_4545.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/12/02 金 [商品情報]

コゴミ(屈/こごみ)は正式な名称をクサソテツと言い、シダ植物の多年草です。美しい緑の葉で、冬には地上の葉は枯れますが地下の株は越冬し、春から初夏に渦巻状の新芽が出てきます。食用に採るのはその新芽の部分で、地方によっては「こごめ」と呼んだりもします。

「こごみ」という名前は芽が出てくる様が人が前かがみに縮こまっているように見えるからの様です。

コゴミには同じシダ植物のワラビやゼンマイのようなアクはほとんどなく、採ってきたばかりの物なら生でも食べられます。

味も強いクセなどは無く、生の新鮮な物は少し独特の香りがありますが、茹でたものはそれもほとんど感じなくなります。
優しい歯触りが美味しく、噛んだ時に少しぬめりが感じられます。

コゴミは他の山菜と同じように一般的に天ぷらで食べる事が多いですね。天ぷらにする場合は下茹での必要はありません。

さっと茹でた物は鰹節を振ってポン酢で食べても美味しいです。胡麻味噌和えなど色々なあえ物やおひたしで食べられます。マヨネーズ系のあえ物にも使えます。


IMG_4544.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/12/02 金 [商品情報]

サヤエンドウの品種はキヌサヤエンドウ(絹さやえんどう)やオランダさやえんどう(オランダ豆)、スナップエンドウなどがあります。また、成熟した実を食べるグリーンピース、ウスイエンドウも仲間です。

さやのまま食べるので、カロテンを沢山摂取できる野菜です。活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守り、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果があります。


IMG_4543.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/12/02 金 [商品情報]

黄ニラは品種名ではなく、栽培方法によって生まれた黄色いニラの事で、ニラの芽が出る前の根株に覆いを被せて光を制限することで軟白化させた中華料理の食材です。ニラ特有の臭みがなく、より柔らかく、甘みが有る。日本では岡山県が主産地です。

黄ニラは一般的な青いニラ程匂いが少なく柔らかいので、生のまま刻んでサラダに加えたり、冷奴に散らして食べても美味しいです。炒め物の場合は火が通り過ぎないように短時間で一気に炒めないとシャキシャキした食感が活かせないので注意しましょう。
火を止めてから加えて混ぜるだけでも大丈夫なくらいです。

IMG_4542.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る