カレンダー

<< 2017/02 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/02/05 日 [商品情報]

紅レモンはゴルフボールぐらいの大きさで丸く、皮はミカンのようなオレンジ色。
香りはサンショウのようで酸味が少なく、レモンとライムを掛け合わせたような味が特徴です。
ジュースや料理の素材などに使われます。

IMG_4758.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/02/05 日 [商品情報]

根色、根形よく、肉質に優れた冬どり人参です。

夏まき冬どり用品種で播種後110日から収穫でき、さらに低温条件での肥大性に優れるため、遅まきでの越冬栽培も可能です。

ベータカロテンが豊富でフルーツのような甘みとクセがなくにんじんジュースの原料にも使われます。

IMG_4757.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/02/05 日 [商品情報]

チーマディラーパはアブラナ科アブラナ属の菜の花の一種です。チーマディラーパはイタリア語の名称で「Cima di rapa」と書き、カブのトップと言う意味です。日本語の発音によっては「チーマデラーパ」や「チーマディラパ」など、微妙に表記が異なることがあります。

チーマディラーパはイタリア野菜の一つで、シーズンになるとイタリアのどこにでも沢山並ぶ食材として知られています。中でも南部のプーリア州が主な産地として知られています。

基本的には菜花と同じ調理法・料理に使えると思っていいでしょう。下茹でする時は、塩を加えた熱湯で茹でますが、根元の茎が太い部分と、トップの蕾や葉の部分では茹で上がり時間が違ってくるので、まず根元を先に熱湯に浸し、30秒ほどかき混ぜるようにしてから全部を投入すると良いです。ゆで時間もトータルで1分から長くて2分程です。

チーマディラーパの代表的な料理と言えば、オレキエッテと呼ばれる小さな耳たぶのような形をしたショートパスタと合わせたものが定番です。味付けもニンニクとオリーブ油にアンチョビを加えたシンプルなもので、チーズを振り掛けたりもします。

IMG_4756.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/02/05 日 [商品情報]

ひろっこは早春に出てくるあさつきの芽です。ビタミンB1の吸収を助けてくれるスタミナ野菜です。

アサツキの一種でシャキシャキとした歯ごたえとねぎのような風味が特徴。雪の中から掘り起こして収穫する冬の野菜です。

生でかじるとかなり辛いのですが、少し火を通すだけで、味ががらっと変わります。しゃきっとした食感とほんのりとした甘さで和え物、鍋、炒め物など、いろいろ楽しめる使い勝手の良い野菜です。

IMG_4755.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/02/05 日 [商品情報]

新物アピアスが入荷しました。アピオスは北アメリカ、北西部原産地とされるマメ科のつる性植物で、肥大した根茎を食べます。

日本には明治時代にリンゴの苗木をアメリカから輸入した際、その土に混じってはいってきたようで、青森県では帰化した状態で、当地では「ほどいも」と呼ばれ定着しています。ただ、日本に古くから自生していた「ホドイモ」とは別種にあたるため、アピオスのことは「アメリカホドイモ」と呼んで区別されています。

ジャガイモとサトイモを足して割ったようなイメージです。基本的には皮付きのまま調理し、そのまま食べることが出来ます。栄養もそのほうが無駄なく摂取することが出来ます。

アピオスを皮ごと塩茹でするだけで美味しいおやつに。また、塩湯でしたアピオスを使ってフリッタータ(イタリアの卵料理)やコロッケなど色々な料理に使えます。


IMG_4754.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る