カレンダー

<< 2017/09 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/09/26 火 [商品情報]

アワビタケはヒラタケの仲間で、もともとは高温多湿の亜熱帯地方で採れるキノコです。
中国南部や台湾などで栽培されてきたものが取り寄せられ、近年日本でも栽培できるようになりました。

表面が黒から茶褐色で、傘は大きく広がり肉厚です。その為歯触りがしっかりとしていて、断面の形やその歯触りがアワビを思わせる事からアワビタケと呼ばれるようになったようです。


IMG_5097.JPG

| comments (7) | trackbacks (0) |

2017/09/26 火 [商品情報]

ムカゴはナガイモや自然薯などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽の事で、秋になるとヤマノイモの蔓の葉の付け根辺りに沢山付き、地下の芋同様貴重な山の幸として食用になります。

むかごは皮はむかず、そのまま調理します。

むかご飯 ムカゴ100gで3〜4合のご飯が炊けます。ご飯と一緒に炊き上げてもいいのですが、面倒でもムカゴだけ別に塩湯でして、その茹で汁でご飯を炊いてから混ぜるようにした方がムカゴがホクホクと食感が残って美味しく仕上がります。
かき揚げ サクラエビや他の野菜と共にかき揚げにすると美味しいです。
塩茹で 単にムカゴを塩茹でしただけでもつまみになります。

IMG_5096.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/09/26 火 [商品情報]

一般に「丹波しめじ」などの名称でスーパーなどで売られている物は栽培されたものですが、天然のハタケシメジは日本の全国各地で見られ、その生える場所が草むらや田畑のあぜや道端、民家の庭先などだったりもするのでとても身近なキノコの一つと言えます。

ハタケシメジはブナシメジと比べ苦味が無やくせが無く、旨み成分も多く含まれています。加熱調理しても食感が損なわれにくく、ブナシメジの数倍大きいので煮込んでも歯触りを楽しむ事が出来ます。

鍋や味噌汁などの汁物や煮物、適度な細さに切ってさっと茹で、おひたしやあえ物に、色々なキノコや野菜と炒め物にも使えます。

IMG_5095.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/09/26 火 [商品情報]

ワサビ菜は、九州で在来種の「からし菜」から生まれた変異種を育成されたものとされています。

葉が、長く伸び、淵がギザギザのフリル状になるのが特徴で、ワサビ菜特有のピリッとした辛みを持っています。
葉が柔らかく、生のままでもサラダなどで美味しく食べられ、見た目のボリューム感と鮮やかな色合い、そして持ち味のピリッとする味で人気があります。

ワサビ菜は外側の葉になるほど固くなります。生のままサラダで食べるなら内側の柔らかい黄緑色の葉が美味しいです。外側の固い葉は下茹でしておひたしやあえ物など火を通す料理に向いています。

IMG_5094.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/09/26 火 [商品情報]

白霊茸(はくれいたけ)は中国の新疆ウイグル自治区に自生しているキノコで、中国では菌床栽培されています。日本には近年入ってきた比較的新しいキノコです。「バイリング」や「雪嶺茸(ゆきれいたけ)」などとも呼ばれ、強い芳香とコリコリした食感がアワビを思わせる事から名付けられました。

はくれい茸は香りが強くキノコの良い香りがします。また、とても肉厚で、噛むとコリっとした感触が楽しめます。シンプルにフライパンでステーキの様に焼いて食べると美味しいです。バターやオリーブオイルを使うと良いでしょう。
肉厚な特徴を活かし、カツレツにしても美味しいです。

IMG_5093.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1]
ページのトップへ戻る