カレンダー

<< 2017/10 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/10/10 火 [商品情報]

ハロウィンのランタンとして使われるジャンボかぼちゃ。「アトランティックジャイアント」というオレンジ色の品種が有名で、うまく育つと100kg以上になり、大きいものだと400kgを超えるものもあります。一般的なかぼちゃに比べると味や食感は落ちるため、おもに観賞用や飼料用として用いられています。


IMG_5160.JPG

| comments (64) | trackbacks (0) |

2017/10/10 火 [商品情報]

海老芋(えびいも)は反り返えった形と表面の縞模様がエビのように見えるのでそう呼ばれるようになりました。もともとは唐芋(とうのいも)という品種ですが、土寄せしてエビのように曲げたものを海老芋(海老芋)と呼びます。エビイモは親イモ、子イモ、孫イモすべて食用となりますが、エビ状になっているのは主に子イモの部分です。

エビイモは肉質のキメが細かいのが特徴で、煮込んでも煮崩れしにくいため、煮物やおでんなどに適しています。

IMG_5159.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/10 火 [商品情報]

自然薯は一見長芋(ナガイモ)とも似ていますが別種にあたり、風味も異なり、市場価値も格段の差があります。一般に山芋と呼ばれるものには、大きく分けてヤマノイモ、ジネンジョ、ダイジョの3つの種類に分かれます。

自然薯(じねんじょ)は自然生(じねんじょう)とも呼ばれ、日本が原産のヤマノイモです。その名が示すとおりかつては山に自生している天然のものを収穫していましたが、近年では栽培が盛んに行われるようになり、まっすぐに伸びた綺麗な形の物が市場に流通しています。
短形自然薯
もともと野生種で山菜の王者と呼ばれ古くから珍重されてきました。芋の部分だけでなく蔓にはムカゴと呼ばれる大豆ほどの実を付け、これも食用になるほか、春には新芽も山菜として食用とします。


自然薯は地上部分に長い蔓を伸ばします。葉の形は細長いハート型で、先が細く尖った形をしていて、秋になると葉の付け根部分にムカゴと呼ばれる実をつけます。地下の芋の部分は秋に肥大しますが、冬に地上部が枯れ、春になるとその芋の先から新たな芽が伸び成長し、地上部が伸びていくに従い芋の養分を吸ってしまうのでしぼんでいきます。そして秋になると元のより更に大きく肥大して行きます。天然の物の場合だと5年くらいかけて成長を繰り返し1mほどの大きく長い芋と成ります。
栽培物の場合は早いものだと種芋を定植してから1年、長いものでも3年ほどで収穫されますが、サイズは1年でも1mを越すものが採れるようになります。


IMG_5158.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/10 火 [商品情報]

名前に「松茸」と付いていますが、キノコの王様「松茸」とは親戚でもなく、オキナタケ科のキノコで、その食味も全く違います。柳松茸の柄は張りがあり、包丁で切る時パリッと割れるような感じがし、噛むとシャキシャキととてもしっかりとした歯触りが楽しめます。また、味的にはクセが無いのが取り柄ですが、旨みや風味の点では物足りなさを感じるので、他のキノコと混ぜて使う事で食感が活かせます。

鍋や味噌汁などの汁物や煮物、さっと茹でておひたしやあえ物、色々なキノコや野菜と炒め物にも使え、肉巻などにして焼いても美味しいです。その他天ぷらなどの揚げ物にも使えます。


IMG_5157.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/10 火 [商品情報]

大かぶと呼ばれるのは大きさが直径で15cmほど以上のものをさし、大きいものだと4〜5キロにもなります。形は球形から編球形で、表皮も中も白いです。

大カブの特徴はその大きさと、柔らかい肉質です。千枚漬けなどの漬物に使われる事が多いですが、かぶら蒸しも有名ですね。また生のまま細切りなどにしてサラダに使ったり、軽く塩で揉んで和え物に使っても美味しいです。


IMG_5156.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る