カレンダー

<< 2005/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2005/12/17 土 [社長の独り言 【日々雑感】]

大阪本場青果卸売組合のホームページ作成プロジェクトのメンバーになぜか加わっていて、昨日はそのメンバーでの忘年会に参加してきた。会場となったのは、あるおでん屋さん。そこの売りは、こだわりの焼酎や地酒の豊富なラインアップとトマトのおでん。早速、トマトのおでんをオーダーするが、4人前しかないと言う。参加人数は7人。みんなで分けながら、頂いた。ここのおでんや料理は僕にとっては全体的に少し甘めだったが、しっかりと出汁がきいていてきちんと仕事をしているなと感じた。女性に受ける、メニュー構成と味付けのように思った。ビールだ、地酒だ、焼酎だと、散々飲んで食べてた。あまりお酒に強くな僕は、ビールと焼酎だけを美味しく頂いた。「二軒目、行くぞ!」と盛り上がっているメンバーに付いて、近くのすし屋さんへ。既にお腹一杯状態だったので、「寿司?」って感じだった。ところがそのすし屋さん、残念ながら満席。で、本日は解散という事になって、同じ方向へ帰る方と一緒にタクシーに乗り込んだ。
結構雰囲気は、良いお店だった。機会があれば、また行ってみようかな・・・。

兼八  酒・味・空間にこだわった、おでん屋さん

| - | trackbacks (70) |

2005/12/16 金 [商品情報]

パープルフラワー

大阪ではここ数日、とても寒い日が続いています。あちこちの地方で雪の便りも聞こえてきて、街もいよいよホワイトクリスマスに向かってるのかなと実感する今日この頃です。クリスマスシーズンを良い雰囲気に演出してくれる適度な雪ならば大歓迎ですが、雪による災害や事故が起きないようにと祈っています。
さて今日は紫色をしたカリフラワー、パープルフラワーのご案内です。福岡からの入荷ですが、入荷量はごく僅かです。このパープルフラワーも紫アスパラ同様、ボイルすると特徴意的な紫色がとんでしまいますが、蒸して調理すると紫色を愉しんでいただけます。

| - | trackbacks (72) |

2005/12/15 木 [業務日報]

先日M&Aに関する、セミナー形式の勉強会に参加して来た。参加人数は20人程度。我々の業界を取り巻く環境、規模の大型化の必要性、また大型化へのスピードの重要性、M&Aの形態と具体的な進め方などを講師の先生から話を頂き、その後質疑応答となった。買収や合併をする側とかされる側とか言う視点から今までこの会社を客観的に見たことがなかったので、具体的にM&Aの話があるわけではないがとても勉強になった。少し離れた所から、冷静に且つ客観的に会社を見つめると言うことが、いかに大切であるかを改めて知らされた。ともすれば、日々の雑務に追われがちな自分を反省である。

book2このセミナーに参加することになってから、慌てて読み返した本がこれ。結構、判り易く会社設立や株式、M&Aについて書かれていてすんなりと頭に入ってくれる。

図解 株式市場とM&A 保田 隆明 著 翔泳社

| - | trackbacks (74) |

2005/12/10 土 [業務日報]

中野農園1教育訓練の一環として、1ヵ月に約1回の割合で行っている産地訪問。今月は、大阪府門真市にある、中野農園さんにお邪魔した。こちらの農園では貝割れや豆苗をはじめ、ブロッコリー・レッドキャベツ・クレソンなどのスプラウトを作っておられる。交通量の多い幹線道路から少し入った所に、ハウスが数棟立ち並んでいた。もともとこのあたりではレンコン畑の多いだったが、次第に宅地に造成され景色が変わって行ったらしい。現在の場所では平成元年から貝割れを作ってこられたそうで、話を伺うとご苦労の連続であったそうだ。とりわけO-157の騒動の折は、出荷量が通常時の20%と言う状態が3ヶ月ほど続いたらしく、その後豆苗から少しずつ出荷量が回復していったと言われていた。そしてその後、スプラウトの生産に着手されるが、これまた困難の連続。紆余曲折を経て、現在のような安定的な出荷体制を作り上げられた。一通り施設を拝見し説明を受けたあと、スタッフルームで暖かいコーヒーを頂きながら、色々と意見の交換をさせていただいた。中野社長も同席してくださって、ざっくばらんな話しをする事が出来た。訪問させていただいた弊社スタッフからも、色々な要望やお客様のご意見などを直接生産に携わってる方に伝える事が出来、とても有意義な産地訪問となった。生産者と消費者との間に入って、双方の要望や希望またその思いをスピーディーにそして正確に伝達し、みんなが笑顔になれるようその役割をしっかり果たさなければと、改めて痛感した。

中野農園2中野農園3

| - | trackbacks (0) |

2005/12/10 土 [商品情報]

八つ頭

昨日、某銀行系の経営者交流会があり、講師の先生から話を伺いその後ディスカッション。勉強会が始まる前、メンバーの1人から「ブログ3日に一度くらいの割合で、見てますよ。でも、最近は野菜の紹介が少ないですね。」と言葉を頂いた。身近に、それも定期的にこのブログを見てくれている人がいるなんて、とても嬉しかった。ということで、本日は彼のリクエストにお答えし、野菜の紹介を。
今日紹介するのは、八つ頭。里芋の一種です。里芋は茎が肥大したもので、真ん中に大きな親芋が出来ます。その親芋の周りに、小芋・孫芋と出来てゆきます。八つ頭は、小芋も親芋も食用にする親子兼用種で、ホクホクと非常に美味しく里芋の中でも高級品と言われています。関西では水盆に水を張り、そこに八つ頭をのせて縁起物の観賞用としてよく用いられます。数日で芽が出て、天に向かって伸びてゆく姿は、凛々しく爽快な気分にしてくれます。

| - | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る