カレンダー

<< 2006/06 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2006/06/30 金 [社長の独り言 【日々雑感】]

社長と言う立場において、様々な決断を迫られることがある。むしろ決断の連続と、言っても良いのかもしれない。ではそんな場面で、私はどのようにして決断をしているのか?じっくり考えるタイプや、恐ろしく頭の回転の早いタイプ、周りの意見や情報を収集し論理的に考えるタイプ、直感を大切にするタイプなど、いろんなタイプの人がいる。私の場合は今までの経験から、決断すべき事象が目の前に現れた時の最初の自分の気持ちを尊重して決断している。ファーストインプレッションを、大事にしている。そこから少しじっくり色々と考え、最終決断を下す。その時大事なのは、心にもっと言うと魂に違和感がないかと言うこと。魂に少しでも違和感があるときは、その決断を取り下げてもう一度考える。色々悩んだ末に辿り着くのが、その事象に初めて対峙した時の自分の心に浮かんだ思いである。一旦そこまで戻ると不思議と道が見えてきて、魂から違和感が消える決断へと導いてくれる。だから自分の心に最初に浮かんだ印象や思いは、大切にしている。
実は決断を下さなければならない案件を、数件抱えている。色々考えて頭の中が、混乱を極めていた。どの事象も始めの気持ちを振り返って見ると、ベストと思われる答えが導き出された。魂に違和感を持ったままで、生きていきたくはない。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2006/06/29 木 [-]

基幹業務に使っているコンピューターのリースが、来年終わる。そこで数ヶ月前から、リース後のシステムについて社内で打ち合わせ。担当は弊社専務。私のリクエストはより単品管理の精度を高めて現在は正確な数字を出せないでいる顧客ごとの粗利益を取り、経費なども振り分けることによる事業部制的なマネージメントまでしたいというもの。専務はソフト会社の営業とSEと数回に及ぶ打ち合わせを行い、私の希望が叶うレベルまで話をまとめてきてくれた。但し2点ほど問題が。まず、リース料のアップ。これに関しては、PCの環境も格段に良くなるので納得は出来る。問題はもう1つ。現場、経理共に、作業負荷が今よりかなりかかるということ。要するに正確に顧客ごとの粗利をとったりより細かいレベルでの単品管理を行うには、そうとうな手間が掛かるということである。果たしてそこまでの手間や負荷をスタッフに負わせてまで、私が見ようと思っている数字を引っ張り出す価値があるのか?次のステップで、すべきことではないのか?悩んでいる。明日ソフト会社の営業が、やってくるらしい。いずれにせよ近いうちに、方向性を打ち出さなければならない。今一番の、悩みである。う〜ん?

| comments (2) | trackbacks (0) |

2006/06/28 水 [-]

夕食の後、何気なくテレビを見ていた。あまり面白い番組がなかったので、ほんの気まぐれでBSに切り替えた。テレビに映し出されたのは、介護施設に付いての番組だった。
グッドウィルグループのコムスンが今年5月にオープンさせた、入居金最高3億円という高齢者向け高級レジデンス「バーリントンハウス馬事公苑」豪華な施設に加え、介護や医療などの充実したサービスが売り物だ。その一方で、入居金50万円という普及型の老人ホームなど年収や貯蓄に合わせて4タイプの有料老人ホームを用意している。
昨年有料老人ホーム会社を買収して、このビジネスに乗り出した外食大手のワタミ。売り物は何と言っても“食”。おいしさと食べやすさの双方を、渡邉社長自ら味見し指示を出して徹底的に追求している。
「笑う介護士」と呼ばれる袖山卓也さん。袖山卓也さんは「幸せな気持ちになる介護」を謳った老人ホームを全国に広げる目標を掲げている。
父親が旅立ってから8年、私の母は1人暮らしをしている。幸い母の住む実家の隣に私は住んでいるので、一般に言う高齢者の1人暮らしとは少し状況が違うのかもしれない。妻の母は長年持病に苦しんでいるが、妻の姉夫婦と同居している。義理の妹の母もご主人に先立たれ、今は1人暮らしである。確実に私たちも、年老いてゆく。今まで考えもしなかったテーマに付いて、少し目を向けてみようと言う気になった。
先ほどの番組の中で、心に残った言葉があった。「入居者にとって、三度の食事は大きなイベントなんです。だから、我々は決して手を抜く事が出来ないんです。」ワタミの渡邊社長の言葉である。食を通じて、多くの人の笑顔を集める。私たちも、こうありたいと思った。

日経スペシャル ガイアの夜明け

| comments (0) | trackbacks (0) |

2006/06/27 火 [商品情報]

7月の商品情報をアップしました。何かの参考にして頂ければ幸いです。
“旬の野菜情報”から、お入り下さい。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2006/06/26 月 [商品情報]

赤オクラ

今までも度々お問い合わせを頂いた商品が、やっと見つかりました。赤オクラです。今年から1人の生産者が栽培を始めたということで、出荷量・大きさなどは不安定になると思われます。実は私も始めて現物を見ましたが、なんとも言えず綺麗な色です。生産者の想いに答えられるよう、大切に扱って行きたいと思います。

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る