カレンダー

<< 2007/03 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2007/03/31 土 [社長の独り言 【プライベート】]

CD桜

この季節に聴いてもらいたい、お勧めのCD。
今までイメージしていたレゲエと、あまりに違うのでビックリ。
コーヒーブレイクに、ぴったりの一枚です。

SISTER KAYA  桜

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/03/30 金 [社長の独り言 【プライベート】]

河原

昨日から、つかの間の独身。長男が水泳の全国大会出場の為東京へ行っていて、その応援を兼ねて次男と妻が東京へと遊びに出かけているのだ。僕も行こうかと思ったけれど、年度末でもあるし今回は見合わせることにした。次男も水泳をしていて、小学校の時に2度全国大会への出場を経験している。小学校の頃の兄弟の関係としては年上のものが絶対的と言う雰囲気があり、弟が自分よりも早く全国大会に出場したことに多分焦りを感じたこともあったと思う。でもそのときも本当に素直に、 「凄いな!頑張ってこいよ!」 と弟に声を掛け、また自分の友人に弟自慢をしていた兄が僕にとっては誇らしく思えた。
そしてやっと、自らも全国大会へ出場を果たしたのだ。

とは言っても個人種目ではなくリレーでの、それも予選17組中2組目のエントリーで2コースだから本当に出場するだけと言うポジションだ。 (エントリータイムの早い順に予選の組が後になり、同じ組でも一番早いエントリータイムの選手が真ん中のコースを端のコースほどタイムの遅い選手が泳ぐ。)
でも僕にいわせれば、全国大会に出られるだけで、十分凄い。それもいろんな葛藤やスランプを、乗り越えての出場。毎日自宅で腕立てや腹筋、それにストレッチと地道なトレーニングを重ね、目標に向かって自分を信じて突き進んできた結果の全国大会である。

出発前に、妻にぽつりと漏らしたそうだ。 「まさか、本当に全国大会にいけるとは・・・。」
いつもは自信満々の、飛び切りポジティブな奴がいろんな思いがあったんだろう。
一足先に大阪に戻ってくる次男と妻を迎えに、夕方新大阪まで車を走らせる。18時をまわっているのに日が高くなったなと感じながら、長男の事に想いをめぐらせた。
自分の子供からも、多くの事を教えてもらってるんだな。
会社のスタッフ、友人そして家族・・・。
周りの人間に、とても恵まれてるんだとつくづく感じた。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/03/29 木 [商品情報]

昨日は別の街で思いがけなく桜の花を見ることが出来ましたが、大阪もこの週末あたりお花見に絶好かも知れません。この時期の桜の花は大好きですが、その下にブルーシート敷いてただただ騒いでいる人たちを見ると・・・。
出来れば、粋な花見を愉しみたいものです。

さて4月の商品情報をアップいたしました。何かの参考にして頂ければ幸いです。
“旬の野菜情報”から、お入り下さい。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/03/28 水 [社長の独り言 【日々雑感】]

ちょっとした用事で、遠い街へ行ってきた。

お目当ての街に着いて、そこからさらに移動。予定の時間まで少し時間があったので、ひとつ手前の駅で降りて歩いてみる事にした。いい天気で、気温もぽかぽか。右も左もわからない街で目的の場所の方向だけを確認して、ぶらぶらと歩き始めた。

暫く行くと、緑で一杯の公園が右手に見えてきた。さらに進んでいくと・・・、
真っ青な空をバックに薄ピンクの花をたたえた桜が続いている。
満開とまでは行かないまでも、七分咲きと言ったところだろうか。
とっても、綺麗だった。なんだかとっても、得した気分。
見とれていたせいで、危うく約束の時間に遅れるところだった。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/03/27 火 [-]

関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科 (どうも長ったらしいな・・・、頭文字をとってKGIBAって書くことにしよう) への入学が一週間を切った。
4月2日に入学式があり、新しい生活が始まる。

最初にKGIBAに興味を持ったのは、2年半ほど前。何かでKGIBAが開校されることを知って、資料を取り寄せてみた。だが結局平日の18:30〜21:30までの授業時間がネックとなって、その時点では断念した。昨年の初夏、新聞でたまたまKGIBAの来年度春学入試の案内を目にて、チャレンジしてみたいなと言う気持ちが再びよみがえってきた。入試説明会へ参加し、その気持ちがどんどん膨らんでいった。でも仕事との両立、スタッフ・家族の協力、タイムマネージメントなど不安が一杯で、本当に学べるのかと躊躇していた。
そんな時たまたま出会った人物が僕の背中をグイッと押してくれ、よしチャレンジだと言う気持ちを固める事が出来た。彼は神戸の同業者で、KGIABの1期生。既に学んでおられる人の生の声を聞かせて頂き、いろいろとアドバイスを頂きとても参考になった。そんな彼からアドバイスを受けられた事は、僕にとって本当にラッキーだった。入試直前には、わざわざ神戸から大阪の弊社まで来てくれて、励ましの言葉を掛けてくれた。KGIBAで学ぶ事になったのは、彼が背中を押してくれたことが大きく影響している。
本当にありがたいと、感謝で一杯である。

今晩は忙しい所時間を作って頂き、大阪で合格報告と合格祝いと言う事で一緒に食事をした。KGIBAのより詳しいことやお互いの会社の事など、料理と共に彼との会話を存分に堪能した。驚いたことに、誕生年・誕生月までが同じ。同じ歳でも随分違うものだとちょっと恥ずかしい気もしたけれど、自分なりに頑張ってみる事にしよう。
この春からの、新生活が楽しみでならない。でも彼の話ではKGIBAでの学びはそれほど甘いものではなく、無茶苦茶きついと言う事なので気分を引き締めなくては・・・。

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る