カレンダー

<< 2007/08 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2007/08/31 金 [商品情報]

赤柿

8月が終わり9月が始まろうとしてやっと、一時の酷暑が少しましになってきました。
季節は確実に、秋へとあゆみを進めているんでしょうね。
今年は特に暑い夏だっただけに、秋が待ち遠しいです。
でもこんな季節の移り変わりを愉しめる、日本の自然って良いですね。
食べのもの旬で移り行く季節を感じていただけたら、こんない嬉しいことはありません。

さて9月の商品情報をアップいたしました。何かの参考にして頂ければ幸いです。
“旬の野菜情報”から、お入り下さい。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/08/30 木 [社長の独り言 【日々雑感】]

たまに東京に出張に行くけれど「東京に来たんだ」と思う瞬間が、エスカレータに乗った時。なんだか変だとは思うけど、いつの頃からか急いでいる人の為に片側をあけて乗るようになってきている。その空ける側が東京と大阪では逆である。東京は左側に立って右側を空け、大阪は反対に右側に立って左側を空けている。何で違うんだろうと思って検索してみると、いろんな説が飛び交っている。一説によるとその原因は武家社会の頃までさかのぼるという。武士が右側を歩くと刀の鞘が当ってけんかになってしまうので日本では長い間左側通行だったが、昭和24年に道路交通法が改正され、人は右側、車は左側に変更された。つまり、古い慣習を今に残しているのが関西で、関東は新しい習慣に従っている、という事になる。(エスカレーター、右側に立つのか左側に立つのか
また、片側を空けることの是非に付いてもネット上で、暑い討論が繰り広げられている。
そもそもエスカレーター上を歩く事自体危険であり、事故も起こっているという。

でも僕に言わせれば、どちら側に立ってどちら側を空けようとそんなことはどうでもいい。僅か数メーターのエスカレーターを、足早に移動する必要のある人ってそんなにいてるんだろうか?エスカレーターで歩かずに止まっていると、間に合わないような重要な事ってそんなにあるんだろうか?仮に電車に間に合うかの瀬戸際だとしても、少し早く駅に着くようにすれば走らなくて済む。勿論不可抗力的に、そんな状況になる事もあるかもしれない。しかしそんなことのほうが、レアケースだろ。もう少し気持ちに余裕というか、遊びを持つようにしてもいいんじゃないの? せまい日本、そんなに急いでどこ行くの?

大学を出て、ヤナセという会社でお世話になった。入社後初の研修で、東京に全国各地から新入社員が集まった。確かその時だったと思うが、当時の梁瀬次郎社長が仰った言葉が印象的だった。それはエレベータに乗っても、閉じるのボタンを押すなという話だった。エレベータのドアが閉まるまでの僅か数秒をも待てないような奴は、ろくな仕事ができない。落ち着いて、ドアが閉まるのをじっくり待てば良い。その位の余裕の持てる人間になれとのことだった。確かに当時のヤナセ本社のエレベーターには閉じるのボタンがなかったし、数年後に改築された大阪支店のビルのエレベーターにも閉じるのボタンはなかった。
ある上場企業の社長は自動ドアの開く時間がもったいないと、秘書の方を先に歩かせてドアを先に開けさせておき、ご自分は止まることなく歩いていくと何かの本で読んだ事がある。エレベーターの閉じるのボタンを押さずに余裕を持って待つのか、はたまた自動ドアの開く時間さえももったいないと思うのか、どちらが良いとか悪いとか言うつもりは毛頭ない。それぞれに日本を代表する経営者でいらっしゃるのだから、その思いにはストーリーがあり理念があるのだろう。でもせかせかとエスカレーターの空いた側を、急ぎ足で駆けて行く姿を僕は格好良いとは思わない。少しは余裕を持っても、良いんじゃないかな。
と言いながらエレベータで閉じるのボタンを連打している事って、結構あるような・・・。
時間にも気持ちにも今よりほんの少しの余裕を持つ事によって、今よりもっともっと良い仕事ができるんじゃないかな・・・。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/08/29 水 [業務日報]

アグリ

東京ビッグサイトで開催されている「アグリフードEXPO」を視察に、昨日から東京に出張。出品されている商品もさることながら、同時開催されるシンポジウムや基調講演うを聞くことがその目的。事前に予約が必要とのことで、欲張って2日で4つのプログラムを予約した。僕にとっては、結果4打数2安打といったところ。でもいろいろな取り組みや、知らなかった商品など本当に勉強になった2日間だった。

やっぱり貪欲に情報を集め見聞を広める事は、トップにとってとても重要な仕事だと改めて感じた。日本のアグリビジネス、捨てたもんじゃないようですよ。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/08/27 月 [社長の独り言 【日々雑感】]

しかし、暑い・・・。
日陰だと少しましだけど、それでも暑い・・・。
もうすぐ9月だというのに・・・。

そういえば、今日徳島から海老芋が入荷していたな・・・。
銀杏も、良い物が入荷している・・・。
売り場はもう秋なのに、暑いな・・・。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2007/08/26 日 [-]

昨日は、9〜16時まで授業。まるで、高校生のようだ。

昨日のハイライトはゲストスピーカー、RHJインターナショナル・ジャパンの植田代表取締役による講義。RHJインターナショナル・ジャパンとは旧リップルウッドの事で、宮崎県のシーガイアを買収し再建させた事でも有名である。90分の講演はあっという間に過ぎ去ったが、僕にとっては問題がひとつ。ご自身も米国留学の経験をお持ちで、外資系の会社の代表という事もあってか、説明の中で聞きなれない英単語が飛び交っていた。
聞いたことはあるけど、きちんとした意味は良く判らない・・・、という言葉が殆ど。

MUP? R&D? アーキテクチャー? アライアンスを組む? コンソーシアム? パテント? などはほんの一例。
普段なんとなく使っている言葉もあるけど、改めて人に説明してみろといわれると言葉に詰まる。そんな言葉が、多かった。大学のMBAコースで学んでいるのだから、このくらいは最低限知っているだろうということだろうか。またまた、自らの勉強不足を痛感・・・。
意識を変えて取り組まなければ、2年間なんてあっという間に終わってしまう。
これからの時間を、無駄になどしてなるものか!
ふ〜、やる事一杯あるな〜。

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る