カレンダー

<< 2009/03 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2009/03/31 火 [業務日報]

退職の日

本当に永い間、ありがとうございました。
本当に永い間、お疲れ様でした。
これからは、どうぞご自分の時間を存分に愉しんで下さい。
これからは、今まで以上にご家族との時間を愉しんで下さい。
でも時々は、遊びによって下さいね。
あなたとあなたのご両親が築いてこられたこの店の精神は、
われわれがきちんと引き継がせて頂きます。
どうぞいつまでも、お元気で!


お世話になりました、皆様方へ
創業家である宇野家の血族で、ただ一人残っておられた方が、本日を持って退職されました。在職中お世話になりましたお客様、仕入れ先様、また同業者の皆さん、本当に永い間ありがとう御座いました。本人に成り代わり、御礼申し上げます。

| comments (5) | trackbacks (0) |

2009/03/29 日 [業務日報]

第2回経営方針発表会

本日第2回目の、経営方針発表会を開催した。昨年初めて経営方針を発表して、今回が2回目。前半の多くの時間をとって、理念について語った。ぼくの想いを共有してもらうことが、一番大切だと感じているからである。その後に、中期経営計画に基づく数値目標の進捗状況を説明。今期は散々な成績だけれど、それでもやはり皆さんに伝える義務と説明責任があるので避けては通れない。きちんと、説明させて頂いた。そして来季の方針と、グループとしての事業体の考え方を説明。このような発表会はぼくの想いを伝える場だと感じているが、それゆえ熱く語ってしまいどうも時間が押してしまう。でも少々時間が押しても、思いっきり想いのたけを伝えたい。ステークホルダーのゲストもお招きしての、折角の年に一度の機会だから。

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/03/28 土 [業務日報]

36会リーダーシップ研修

本日36会神戸場所が、開催された。今回のテーマは、リーダーシップについて。
ぼくのKGIBAのお師匠S教授を講師としてお迎えし、2時間半にわたっての勉強会。2時間半では短すぎる、内容の濃い講義をして頂いた。KGIBAを修了して約1ヶ月だけれど、再度復習の必要ありと痛感。すでにいろいろと、脳みそからこぼれおちている。出来るだけ早い時期にもう一度おさらいし、少しでも頭に留めるようにしなければ・・・。
今回の研修はリーダーシップということで弊社専務・常務も一緒に参加し、学ばせて頂いた。彼らにとっても、とても良い刺激になったように感じる。彼らの成長する姿を、近くで実感できることがとてもうれしい。ぼくも彼らに負けないように、常にバージョンアップしていかなければ・・・。

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/03/26 木 [業務日報]

先日あるビジネスプランコンテストに、応募したとここで書いたが今日はその後日談。
WEBで応募を受け付けるこのコンテストは、1次審査通過者にはメールで25日までに連絡すると応募要綱に書かれていた。で、本日は26日。ぼくに審査通過の、メールは来なかった。時代がついて来れてないのか、ぼくのセンスを理解できる審査員が居なかったのか(精一杯の負け惜しみ・・・)、いずれにせよビジネスプランコンテストへの挑戦は、ここで終わった。

今年に入って機会があったのでIT関係の友人二人に、ぼくのアイディアを話した。二人とも興味を持ってくれて、 「面白そうやな、コンテストあかんかったらやってみよか?」 なんて話していた。早速、 「コンテスト、サ・ク・ラ・チ・ル・・・」 って奴らにメールしてみよう。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2009/03/25 水 [-]

AL

昨晩、AL研究会なるものに参加してきた。この会はKGIBAのSゼミOB、0Gそして現役生から構成されていて、メンバーのお一人が仕事の現状の問題点をテーマに、アクションラーニングの手法を使って真の問題点を抽出し、解決に向けてのプランを探るというものである。アクションラーニングについては僕も非常に興味を持っていて、自社においてまずぼくがアクションラーニングリーダーとなってミーティングを行い、PDCAのサイクルが回せる自主的なチームを目指していこうと考えている。それだけにアクションラーニングリーダの役割や実際のミーティングの運営などとても興味深くS教授がどのようにミーティングをリードなさるのかとても楽しみに参加させて頂いた。まずはじめにメンバーから簡単な事業説明がなされ、彼が現状における問題点を提起。それについて各メンバーから質問がなされ、問題点の洗い直しが行われた。事業概要については事前に資料が配布されていたのでおおむね理解して勉強会に臨んだが、質問のレベルが僕には高くミーティングについていくのが精一杯。メンバーから出る質問に、ただただ頷くばかり。圧倒されて、聞きたいことも質問できなかった。ぼくの質問がレベルが低すぎるように感じ、「こんな質問するとまずいよな・・・」 と尻込みしてしまった。2時間弱のミーティングだったけれど、とても良い勉強をさせて頂いた。AL研究会は継続して行われるとのことなので、次回以降はもっと積極的にミーティングに参加したい。まだまだ、勉強が不足していると痛感・・・。先週から再度読み始めた、アクションラーニングについての書籍。自分の中にしっかりと入ってくるよう、じっくりと納得しながら読み進めていくことにしよう。一度読んだくらいですべてを理解しようなんて、よく考えると厚かましい話である。学生の頃は復習なんて全くしたことがなかったのに、復習の大切さを身にしみて感じた。

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る