カレンダー

<< 2009/09 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2009/09/27 日 [業務日報]

合宿

有馬にて、第1回経営幹部合宿開催。
上期の振り返りと、下期の行動計画を検討。
とても濃い時間を、参加者全員で共有。
同じ釜の飯を食う・・・、とても貴重でとても大事な経験だった。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2009/09/24 木 [社長の独り言 【本】]

赤めだか

友人から、紹介されて読了。(ドラゴンさん、サンクス!)
一気に読めて、面白い本。
江戸の落語を、真剣に聴いてみたいって気にさせられた。


ところで八百屋のおやじのくせに、最近野菜の紹介がまったく無い・・・。
本の紹介や、日々のどうでもいいことばかりばかり・・・。
これから少しは野菜に関することも、書いていこうか・・・。
でもこんな奴がいても、良いんじゃないかな・・・。
というスタンスで、今後ともお付き合い頂けたら幸いです。

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/09/23 水 [社長の独り言 【日々雑感】]

シルバーウィークという何ともセンスのないネーミングの、秋の大連休が終わろうとしている。実はこの連休中に、三つの初体験をした。ちょっとご披露してみることに、しましょう。

その
神戸まで用事があり、家族で出かけた。そして、食事。ためらうことなくビールを頼んだ。この日は、トヨタ・ヴィッツでのお出かけ。帰りは長男坊に運転を任せることにした。このところ友達と車でよく出かけているので、運転も問題ないだろう。多分・・・。
京橋から、阪神高速に乗る。途中若干渋滞に巻き込まれるが、タラタラではあるがなんとか流れた。大阪に入って渋滞がひどくなったので、中之島で降りて堂島から再び乗るという渋滞回避ルートを通って無事帰宅。結果から言うと、まったく問題のない運転だった。でも本人に言わすと、後部座席に両親を乗せての運転は結構緊張したとのこと。家族全員で長距離を長男坊の運転で車に乗ったのが、まずはじめの初体験。

その
あと1ヶ月と迫った、フルマラソン。少し長距離を走っておく必要もあるだろうと、初めて20kmにチャレンジ。残念ながら、とても悔しいけれど、残りあと1.5kmというところで歩きだしてしまった。もうどうしても、無理だった。時間は、3時間02分。このペースでいけば、6時間くらいでなんとかなりそうだ。ぼくにとって20kmは、未知の領域。でも今日最後は残念だったけれど、経験してちょっと判ったような気がする。もう何度か、20kmを走る必要があるように思う。心肺機能的にも、筋力的にも、何とかなりそうかもという手ごたえがあった。
と同時に、今日の倍を走るのか思うと、ちょっと自信がなくなる。
この20kmが、二つ目の初体験。

その
ソレイユフードプランニング初の自社企画イベントが、あと1週間と迫ってきた。告知の為、開催場所周辺にチラシをポスティングしようと、取りあえず500枚ほど用意した。で昨日、バックにチラシを詰め込んで現地へ。ところが、思いもしない障害に遭遇。マンションへ手当たり次第ポスティングしようと目論んでいたんだけれど、それを阻むのがオートロック。オートロックの向こうに、ポストが並んでいる。入れない・・・。オートロックでないマンションや
、オートロックの外側にポストがあるマンションもあって、よしポスティングしようとすると張り紙が目に付いた。無断でチラシのポストへの投函をかたく禁じる、と言う内容のもの。断りを得ようにも、誰に申し出ればいいのか・・・。管理人さんのおられないマンションも多いし、たまたまおられてもきちんと断られたり・・・。やってみないと判らないことって、あるんだな。でもこれはこれで、次への参考になったし、ぼく自身楽しい良い経験をさせてもらった。ちなみになぜチラシの投函がダメかというと、放火の危険性が高まるからだそうである。ということで、これが三つめの初体験。

なかなか楽しい連休だった。



ポスティングが上手くいかなかったので、ここを借りてイベントの告知をさせて頂きます。
ご興味ある方は、是非ご参加ください。皆さんのご参加、心よりお待ち申しております。

イベント告知

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/09/21 月 [社長の独り言 【本】]

レモンさん

小学校の卒業式。厳かな雰囲気の中来賓席に目をやると、そこになんとレモンの被り物をかぶった人が! おまけにその人は、PTA会長! なんとこの光景、現実にあった光景なんです。

2:00 起床。シャワーを浴びて、歯を磨いて、冷蔵庫の牛乳とアイスコーヒーを混ぜてアイスオーレを作って飲み干し、家を出る。車庫のシャッターを上げ車を出して、またシャッターを下ろす。2:30 車に乗り込み、市場へと向かう。3:00 市場到着。これがぼくの朝 (夜中?) のルーティーンワーク。

ところが時々ぼくも、寝坊してしまうことがある。そうなると市場につくのが3時を過ぎてしまう。いけないことだけれど、3時を過ぎるのを愉しんでしまう日がある。それは土曜日。理由は3時から始まるFM番組が、車で聴けるから。DJは山本シュウと言って、彼こそがレモンの被り物をしたPTA会長の正体である。今はPTA会長をしてないらしいが、その代りと言っちゃなんだけど大阪大学で非常勤講師として教鞭をとっている。見た目は、金髪でサングラス。とてもおちゃらけた (失礼!) 格好だけれど、やっていることはいたってまっとう。ほんの数分、それも数週間に一度だけ彼の番組を聴いていたけれど、妙に気になって本を買って読んでみた。

感想は・・・、熱い! なんてまっすぐな人なんだろうって、感心した。自分の中に眠っている、熱い部分をくすぐられたような気がした。不覚にも、何度も目頭が熱くなった。正直に言うと、涙を流した。47歳のおっさんが、けったいな表紙の本読んで涙を流してる。妙な光景だけど、何やろう・・・、この人ええな〜って思えた。ぼくに、そんな熱い思いあるだろうか? 夢中になれる何か、あるだろうか? よーく、考えてみた・・・。
 
あるやん! ぼくには、それがある! 
山本シュウに負けんくらい熱く語れて、夢中になれるもんが、ぼくにはあるやん! 
準備は整った。さー、ぶっ倒れるまで、走るで〜!


レモンさんのPTA爆談
山本シュウ著 小学館

| comments (2) | trackbacks (0) |

2009/09/16 水 [社長の独り言 【プライベート】]

先日落語会に、出かけてきた。一番のお目当ては、笑福亭鶴瓶。
総勢5人の演者で、鶴瓶は仲入り前に登場。

大阪で中学・高校時代を過ごしたぼくにとって、鶴瓶のヤンタン (毎日放送のラジオ番組 ヤングタウンの通称) は毎週心待ちにするほど面白かった。ヤンタンといえば当時、原田伸郎、明石家さんま、笑福亭鶴光、谷村新司、そして笑福亭鶴瓶などそうそうたるパーソナリティーで、とにかく目茶苦茶面白かった。22時から25時までの番組だったけれど、ながら族のぼくは勉強どころではなかった。そんなぼくに爆笑をもたらした鶴瓶を、いつかリアルに観たいとうぼくの想いがやっとかなったという訳である。。

さてお目当ての笑福亭鶴瓶だが、いつも通り肩に力の入らない飄々とした話口調で、思っていたより (失礼!) 落語も上手だった。この日の真打 (とり) を務めたのが、桂雀三郎。この人のことは殆ど知らなかったけれど、桂枝雀のお弟子さんだそうだ。
そういえばしぐさや芸風が、師匠のそれに良く似ていた。

桂枝雀、林家小染、藤山寛美。
リアルにその芸を堪能する前に、逝ってしまった。
最近ぼくは観たいと思ったもの、やりたいと思ったことは、すぐにするようにしている。
今まで、たくさんの後悔をしてきたから。
それにしても枝雀の落語は、実際に観てみたかったな・・・。

| comments (2) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る