カレンダー

<< 2010/10 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2010/10/28 木 [商品情報]

源平芋


源平芋が、初入荷しました。入荷する期間のとても短い商品ですので、是非お早めにどうぞ。


源平いもは、古くから剣山周辺の山村に伝わるじゃがいもの一種です。都を追われてこの地方に落ちのびた平家の一族が伝えたのが始まりと言われており、素朴ながらも引き締まった舌ざわり、味わう程に深みを増す味覚は他のじゃがいもの追随を許さぬところで、多くの新品種がうまれるなかにあっても、栄華を極めた平家の一門の雅の味として、今でもこの地方で栽培され続けていられます。 (JA阿波みよしパンフレットより抜粋)

| comments (0) | trackbacks (0) |

2010/10/27 水 [商品情報]

ヤーコン


お客様からの問い合わせが多く、無理を言って掘ってもらったヤーコン。産地からの情報は、今年はあまりいい状況では無いようなことを言っていた。ここ数年随分認知された野菜だけに、何とか安定的にいい状態の商品を確保したい。暫くは状況をみて、情報収集に務めることにします。他の生産地からの情報もまだあまり入っていないし、産地の情報が修正される事ってままあることなので。何か情報が入ったら、ここでご報告させていただきます。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2010/10/26 火 [商品情報]

黒大根


一見グロテスクな野菜ですが、結構好評の一品がこの黒大根です。

この時期、いろんな色の変わり種大根が出てきます。
食べ比べや色目の面白さを愉しむには、いい季節です。
他に面白いものは・・・


254d7947.jpg

赤大根


0287543a.jpg

葉付きの紅白ミニ大根

中が赤い紅芯大根、紅しぐれ大根なんてものもあります。
そんなに大根ばかり食べれないって・・・、ごもっとも!

| comments (0) | trackbacks (0) |

2010/10/25 月 [商品情報]

ラブリーキャロット


最近は観る回数がめっきり減ったけれど、以前は映画をよく観ていた。ちょうどレンタルビデオが流行りだした頃で、週末には2~3本借りてきては夜中まで観ていた。誰?夜中にレンタルビデオって聞いて、お子ちゃまが観ちゃだめなビデオじゃないかって想像してるのは? (笑) 本当は劇場に行って観るのが一番だけれど、家でゴロゴロしながら一気に2~3本観るのも悪くはない。洋画を観ていて思うのが、最近の作品って邦題のつけ方が面白くないなってこと。英語読みそのままの作品が、ほとんど。ずーっと昔の洋画だと、 『Love Story』 を 『ある愛の歌』、 『Bonnie and Clyde』 を 『俺たちに明日はない』、『The Longest Day』 を 『史上最大の作戦』 など名訳と言われる作品が少なくない。比較的新しいところでは、 『Sister Act』 を 『天使にラブソングを・・・』 なんてところがおしゃれな邦題、名訳かなと思う。

さて最近姫人参の丸い、かわいらしい、野菜が入荷している。タネ屋さんがこの野菜に 『ラブリーキャロット』 という名前をつけているらしく、生産者も 『ラブリーキャロット』 という名前で出荷している。なかなかいいんじゃない、その感覚。こんな遊び心一杯でウィットにとんだ感性を持っている人が農業に関係していると思うと、なんだかととっても嬉しい。こういう人がいる限り、日本の農業も大丈夫なんじゃないかな? あっ、いい商品を、素敵な感性で作ってくれても売り手がだめだと話になりませんね。はい! がんばって、生産者の想いと一緒に、消費者までお届けしますからね。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2010/10/22 金 [商品情報]

wawasai


娃々菜が、徳島から入荷しました。
所謂ミニ白菜なんですが、パッケージを読むと 『娃々』 って言葉には、中国語で赤ちゃんという意味があるそうです。さしずめ、 『白菜の赤ちゃん』 ってところなんでしょうね。
なかなかいいネーミングだと、思いませんか?

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る