カレンダー

<< 2013/06 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2013/06/17 月 [業務日報]

枝付きサヤ大根
友人の会社では、毎年新卒を採用している。それをもう30年近くに渡って続けていると言うから、凄いとしか言いようがない。企業にとって、人は財産。ぼくも、この考え方に共鳴する一人。大事に育てて行かなければならない。役員、幹部、中堅社員、そして新人とそれぞれのステージで常に勉強して研鑽を重ねなければならない。などとえらそうなことを書いているけれど、まだまだぼくのイメージする理想の組織とはほど遠い。社長のぼくが、もっと成長しなければならないのが一番の急務。(笑) 実務経験のある中堅以上のスタッフはなんとかそれなりにやっていけるんだけれど、新人となると話が違ってくる。社会人のいろはから、しっかりと教えて行く必要がある。でも弊社にはそれだけのシステムもなければ、専属で教育訓練に当てられるスタッフもいない。と言うことで、外部のお力を借りることに。

本日丸一日、新人の2名が外部の機関にお邪魔して、教育訓練に参加した。名刺の受け渡しから挨拶など、本当に基本中の基本を学んで貰った。彼らは、どんな学びや気付きと出会ったのだろう?これからが、とても楽しみである。


(写真は、枝付きのさや大根。花があまりに可憐で綺麗だったので、新人君達のこれからの行く末にはなむけの意味も込めて・・・。本文とは、関係はありません)

| comments (0) | trackbacks (0) |

2013/06/14 金 [業務日報]

morokosimaturi-1
高知のある生産者さんの主催で13日に開催されたイベント「もろこし祭り 2013」にお邪魔してきた。そのタイトルの通り、生でばくばく食べられる甘くて美味しいトウモロコシを愉しみましょうって言うのが、その趣旨。その生産者さんのお仲間たちが持ち寄った高知県のすばらし野菜、果物、加工品をシェフが腕をふるっておいしい料理に仕上げてくれる。今回の会場となったのは、カノビアーノ高知。植竹シェフが、直々に調理場に。美味しい素材と、素晴らしい料理人。当然、参加者は皆さん笑顔に。こんなシーンを見ていると、本当に幸せな気分になれる。昼間にお邪魔したトマトの生産者さんとも会場で再会したり、今回お忙しくて残念ながら圃場にお邪魔することが叶わなかった生産者さんとの話ありと、とても有意義で楽しい時間を過ごすことが出来た。さて肝心のもろこしの写真だけれど、食べるので夢中でそれどころじゃなかった。(笑)

カノビアーノ高知




明けて今朝、主催者である生産者さんのハウスにお邪魔して、いろいろとお話を聞かせて頂いた。いつも元気はつらつな方だけれど、さすがに昨日のイベントの準備、遠方からこられたゲストのお相手、通常の仕事などなどでお疲れのご様子だった。昨晩も、4時間ほどしか眠っていないと仰っていた。であるのにぼくたちの訪問を快く受け入れて下さって、40分ほどハウスで話を聞かせて頂いた。高知のトマトや葉物野菜は、12月から2月にかけてが味がのっていいシーズン。少し先の話だけれど、美味しい野菜が紹介できそうだ。

morokosimaturi-2
(iPhone5で撮った、ハウス内のパノラマ写真)

| comments (2) | trackbacks (0) |

2013/06/10 月 [商品情報]

糸瓜  岡山産

IMG_0078.JPG




正式名称「金糸瓜(きんしうり)」)というカボチャの一種です。

カボチャといえば、煮物にしてホクホクとした甘みを楽しんだり、てんぷらにして食べたりする定番野菜ですが、そうめんといえば、食欲のない夏に、ツルツルとした喉越しと冷たさを楽しむ食べ物。

食感も味も違うカボチャとそうめんが合わさると、一体どのようなものになるのか!?この「そうめん南瓜」は、輪切りにしてゆでると果肉が指先だけでぽろぽろとほぐれて、黄色いそうめんのような姿になります。 瀬戸内市内では1970年代から「そうめん南瓜」の栽培が始まり、瀬戸内市の名産品となっています。

【そうめん南瓜の調理例】
,修Δ瓩麁遽擦鯲慇擇蠅砲靴董⊆錣肇錺燭鮗茲蟒く。
熱湯で10分ほどゆでた後、冷水につけて粗熱を取り、果肉を手でほぐす(皮だけを残して、果肉がそうめん状にほぐれる)。
ほぐしてそうめん状になった果肉の水気を切り、麺つゆなど好みの味付けで食べる。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2013/06/06 木 [社長の独り言 【プライベート】]

淀川市民マラソン
今年の春の東京マラソン以来、全く走っていない日々が続いている。その理由は、東京マラソンが滅茶苦茶しんどかったから。もちろんコースだとかの問題ではなく、ぼくの練習不足によるもの。しばらくマラソンはいいかと思って、大阪マラソンもエントリーしなかった・・・。

今日FBで、複数の友人が大阪マラソンに当選したと言う知らをアップしていた。なんとなく、血が騒いできた・・・。ってことで、ぼくに丁度いいゆるさのレースにエントリーした。ぼくの初フルマラソンの大会でもあるし、自宅から近いってこともあってとても親近感を感じている。さて、いくら緩いとは言うものの、フルマラソンには違いない。ぼちぼちとマイペースで、トレーニングを始めることにしよう。


大阪・淀川市民マラソン

| comments (0) | trackbacks (0) |

2013/06/02 日 [業務日報]

弓削多-1
36会 栃木・東京場所2日目は、弓削多醤油さんにお邪魔した。こちらは、国内産の丸大豆、国内産の小麦、海水を干してできた天日塩を原料にしておられ、杉製の木桶で天然醸造、1年間の長期熟成というこだわりで醤油を作っておられ、加熱殺菌も精密ろ過もしていない、酵母菌・乳酸菌が生きた生醤油を作っておられる。なぜ木桶での昔ながらの製法にこだわるのか、なぜ国内産の大豆・小麦にこだわるのか、その理由が弓削多社長の講演を聞かせて頂いてよく判った。



yugeta
弓削多社長のご講演



工場見学、弓削多社長からのご講演を拝聴し、有意義な時間も終わりを迎えようとした時、弓削多醤油さんのスタッフさんからお土産に醤油を頂いた。頂いた醤油を見てビックリ、36会のネームが入った特別なラベルが誇らしげに張られていた。このおもてなしの心、ぼくの心にぐさっと刺さった。結局商売って、ここなんだろうな。

yugeta-2

弓削多醤油

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る