カレンダー

<< 2014/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2014/01/26 日 [商品情報]

フキノトウはキク科フキ属の多年草で日本原産の山菜で全国の山野に自生しています。ふきのとうはつぼみの部分にあたり、この花が咲いた後には地下茎から伸びる葉(ふき)が出てきます。春の季節を表現する、山菜として日本料理には欠かせない食材です。

古くから食用に利用されてきており、独特な芳香と、苦味を、香辛料として使用したり、早春の食材として、てんぷら、和え物に、広く利用されています。

IMG_1995.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/01/26 日 [商品情報]

タラの芽はウコギ科のタラノキの新芽の事で、この新芽の部分を山菜として食用とします。ほのかな苦みや、もっちりした食感が春を伝える食材として人気があり、山菜の王様とも言われています。

タラの芽は、ハウスでの水耕栽培が行われています。地方によって方法は若干違いがあるようですが、タラノキの原木を前年の秋から初冬にかけて長さ1〜1・5メートル、直径5センチほどに伐採しておき、タラノメの出る所に合わせて10〜15センチほどの長さにカットしたものを水を張ったところにびっしりと並べビニールシートで覆い、芽が出たところを収穫します。

IMG_2009.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/01/19 日 [商品情報]

南ヨーロッパ地中海沿岸が原産のアブラナ科の野菜で、小松菜の仲間です。
やわらかく、口当たりよく、ジューシーな味わいで、ビタミンB2、カルシウム、カリウム、鉄分が豊富です。

サラダにオススメの野菜です。

IMG_2008.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/01/19 日 [商品情報]

アブラナ科の野菜でカラシナの一種として新規に開発された野菜です。白と緑のコントラストがきれいで、ほどよい辛味と甘味に加えてしっかりとした香りがあり、シャキッとした歯ごたえのある食感が特徴。サラダや炒め揚げ物など和洋中のどの料理にも合うため、幅広い食材として使えます。

早春のみ出回る、春を告げる野菜です。

IMG_2005.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/01/19 日 [商品情報]

コールラビはヨーロッパを原産とし、古くからヨーロッパ全土や中国でも栽培されたアブラナ科の野菜で、茎が肥大しカブのような形になる珍しいキャベツの一種です。

冷涼性の野菜ですが同類のキャベツよりも暑さに強く、また寒さにも強いたくましい野菜です。形はカブ似とはいえ、カブの3〜4倍のビタミンCを含みます。 風味や食感はキャベツに似たやさしい甘みを持ち、特に若い茎ではリンゴのようなサクサク感とみずみずしさがあります。生食・煮込み・油炒めなどに幅広いお料理に利用できる特徴があります。

サラダ、和え物、酢漬け、浅漬け、スープ、グラッセ、和風の煮物など幅広く料理に使われます。

IMG_2003.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る