カレンダー

<< 2014/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2014/12/09 火 [料理]

珍しい紫はくさいのレシピです。イタリア風生春巻きとロールハクサイグリル焼き
鮮やかな彩りですので、クリスマス料理にピッタリです。


  紫はくさい

葉の内側はとても鮮やかな紫色です。

紫はくさい 内側
続きを読む>>

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/12/05 金 [料理]

アーティチョークを料理したいけど、下処理は難しそう、知らないという声を質問をよく受けます。慣れればタケノコの下処理の手間と同じくらいです。下処理の手順を簡単に書きましたので、ぜひ挑戦して、料理を楽しんでください。resize0006.jpg
続きを読む>>

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/12/02 火 [社長の独り言 【日々雑感】]



PCの中を整理していたら、3年前に撮った動画を発見。以前うちでアルバイトで働いてくれていた腕の立つ料理人の店に、スタッフみんなでお邪魔した時のもので、バランを切っているところを撮ったもの。これぞプロの技!ここで再度ご披露したいと思います。

ちなみにこのバランや南天の葉などは単なる飾りと言うわけではなく、冷蔵手段が今ほど発達していなかった時代の毒消し、すなわち殺菌作用のあるものだと言われています。昔の人の知恵って、凄いですね。と同時に、これらに効果があるとわかるまでに、多くの人がお腹が痛くて苦しんでいたんだと思うと、ご先祖様たちに感謝です。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/12/02 火 [商品情報]

タラの芽はウコギ科のタラノキの新芽の事で、この新芽の部分を山菜として食用とします。ほのかな苦みや、もっちりした食感が春を伝える食材として人気があり、山菜の王様とも言われています。

IMG_2645.png

| comments (0) | trackbacks (0) |

2014/12/02 火 [商品情報]

コールラビはアブラナ科のヤセイカンランの変種とされている野菜で、根元の肥大した茎の部分を食用とします。
地中海北岸地方が原産とされていますが名前の由来はドイツ語の"キャベツ”+"カブ"で、キャベツのカブという意味のようです。確かにキャベツと同じアブラナ科で、根元がカブのように丸く肥大した物です。

FullSizeRenderss.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る