カレンダー

<< 2015/02 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2015/02/24 火 [料理]

バターナッツを器にすると見た目も可愛らしいですね。
甘くてねっとりした味。器と出汁と卵と混ぜ合わせた2層の味でお楽しみください。

バターナッツ茶碗蒸し (2).jpg

★バターナッツの茶碗蒸し

材料
バターナッツ(長さ12cm) 1/2個 出汁(昆布と鰹節)100cc みりん 小さじ1 しょうゆ 小さじ1 塩 ひとつまみ弱 卵1個 モッツレッラチーズ 5g
飾り付け(イタリアミニトマト、イタリアパセリ)

作り方
半分に切ったバターナッツを約8分蒸します。
蒸したバターナッツの中をくりぬき、種をとります。くりぬいた部分の身だけ再び蒸して火を通します。蒸しあがったら、裏ごししてください。
ボールに卵を入れて、溶きます。次に出汁、みりん、しょうゆ、塩を混ぜた液を数回にわけていれて混ぜます。2回ほど漉してください。裏ごししたバターナッツと漉した液をよく混ぜ合わします。次に、器のバターナッツの中に流し込みます。小さいサイコロ状に切ったモッツレッラチーズをいれて、ラップをかけて約15分蒸して完成です。

最後にイタリアミニトマトの皮をむいて、くるくる巻き薔薇の花をつくって、飾ります。

トマト薔薇.jpg

ポイント バターナッツは繊維も種も少ないので調理しやすいですので、料理の幅が広がります。今回は和食にしましたが、次回はフランス、イタリアの料理をご紹介したいと思います。

バターナッツ茶碗蒸し (3).jpg

最後まで読んでいただきありがとうございました。

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/02/22 日 [商品情報]

コシアブラの名前の由来は、かつてこの木の樹脂(あぶら)を絞り、濾したものを漆(うるし)のように塗料として使われていたからだそうです。

コシアブラの芽は「山菜の女王」とも呼ばれています。

付け根のハカマを取って使います。アクがあるので、一般的には天ぷらにされる事が多いですが、アクを抜いて色々な料理に使う事も出来ます。独特の香りがあり、これが季節を感じさせてくれます。

IMG_2913.png

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/02/22 日 [商品情報]

カリフローレは一般的なカリフラワーのように一つの丸い塊状に花蕾が出来るのではなく、花梗が細長く分岐し、花蕾がばらけた感じにできます。

一般的なカリフラワーが主に花蕾を食べるのに対し、カリフローレは花梗(花の下の軸の部分)が長く、黄緑色で、どちらかと言えばその花梗部分を食べます。

さっと茹でると、コリッとした歯触りで味にクセやアクが無く、見た目もころんとしたカリフラワーとは違った良さがあります。

IMG_2912.png

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/02/22 日 [商品情報]

ひろっこは早春に出てくるあさつきの芽です。ビタミンB1の吸収を助けてくれるスタミナ野菜です。

アサツキの一種でシャキシャキとした歯ごたえとねぎのような風味が特徴。雪の中から掘り起こして収穫する冬の野菜です。

生でかじるとかなり辛いのですが、少し火を通すだけで、味ががらっと変わります。しゃきっとした食感とほんのりとした甘さで和え物、鍋、炒め物など、いろいろ楽しめる使い勝手の良い野菜です。





IMG_2881.png

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/02/19 木 [料理]

MACORDYのスープは有機かぼちゃ、有機たまねぎ、有機豆腐、玄米粉などこだわった食材と栄養学をもとに考案されたスープです。半分はそのままスープで頂いたら、残りの半分でアレンジ料理はいかがですか?

かぼちゃフレンチトースト (2).jpg

かぼちゃフレンチトースト (1).jpg

★かぼちゃとソーセージのフレンチトースト 春キャベツ、たまねぎ、イタリアミニトマトを添えて

材料
(2人前)
MACORDY Organic Vegetable Soup 1/2袋
牛乳 70cc 卵 1個 ソーセージ 4本 春キャベツ 50g たまねぎ 1/2個 イタリアミニトマト 4個 バター 適量 塩 適量 パルミジャーノチーズ 適量
食パン2枚

作り方
ボールに卵と牛乳をいれてよく混ぜます。次にスープをいれて混ぜます。
パット(すこし深さのある平皿)にパンを入れて、ボールの液を流しいれます。
5分後食パンを裏返してさらに5分浸します。

フライパンにバターを入れて薄くスライスしたたまねぎを炒めます。次に千切りにしたキャベツとマジョラムと塩ひとつまみを加えて炒めます。

ソーセージはボイルして半分に切ります。

別のフライパンにバターを入れて溶けたら、中火弱で食パンがきつね色になるまで両面を焼きます。

お皿に食パン、キャベツと玉ねぎ、ソーセージ、半分に切ったイタリアミニトマトを載せます。最後にパルミジャーノチーズをふりかけて完成です。

盛りつけの写真は1人前です。

ソーセージの代わりに牛レバーも合います。
コーン、ピーマンなどお好みの野菜を加えても良いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る