カレンダー

<< 2015/08 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2015/08/30 日 [商品情報]

ハナビラタケは薄い茶色や白い色で、薄いヒダ状の物がドーム状に伸び、見た目がとても美しいキノコです。

抗ガン効果があるといわれているβ-グルカンは、多くのキノコに含まれている成分ですが、ハナビラタケに含まれているβ-グルカンはその中でも特に効果が期待されているタイプのもので、その量も他のキノコより多い事が知られています。

シャキシャキ・コリコリした食感が特徴的で、匂いも加熱することで無くなることから、主張が強すぎず邪魔をすることがありません。

IMG_3566.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/08/30 日 [-]

1本入りのジャンボエリンギです。

鍋や味噌汁などの汁物や煮物、ニンニクを効かせバターやオリーブオイルでソテーするととても美味しく頂けます。また色々なキノコや野菜と炒め物にも使えます。
太いので手で裂くなどして素焼きにして食べても美味しい。その他天ぷらやフライなどの揚げ物にもオススメです。

IMG_3561.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/08/30 日 [商品情報]

エリンギはイタリアや南フランスなど地中海性気候の地域を中心に自生するキノコで、エリンギウムというセリ科の植物が枯れたところに生える為「エリンギ」と呼ばれるようになったようです。この日本での呼び名もイタリアでの呼び名をそのまま使っています。ヨーロッパでは古くから食用として親しまれてきたキノコで、日本との違いは柄の部分よりも傘の部分が好まれるという事です。

エリンギの特徴は何と言っても歯触りです。それとエリンギそのものにはあまり味や香りが無いので、しっかりと味と香りを持った食材と組み合わせ、そこにエリンギの歯触りをプラスするような食べ方がお勧めです。

IMG_3560.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/08/23 日 [商品情報]

ヨーロッパなどでは食用として栽培されてきました。中の丸い実を食べるのですが、何とも言えない独特で濃厚な甘酸っぱさがあり、それは英語名にあるようにまさにベリー類にも似た味わいです。

その味や見た目から、「ストロベリートマト」「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」「オレンジチェリー」など色々な名称で出荷されています。

香りは優しくほんのりと甘酸っぱい香りがします。アメリカでは、デザート向けの果実として扱われています。

IMG_3550.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/08/23 日 [商品情報]

スクナ南瓜は古くから岐阜県高山市丹生川町周辺で自家用野菜として栽培されてきた飛騨の伝統野菜で、西洋南瓜の一種ですが、外見がヘチマのように長くすべすべした薄い緑色の珍しい形の南瓜です。

果肉は濃い黄色で、種のある部分は果実の形と同じように全体の中心に縦長の状態でふくまれています。果肉は肉厚で、先から尻までほぼ同じ厚みとなっています。
肉質は栗南瓜に似ていて、加熱するとホクホクした食感で甘みがあります。

IMG_3549.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る