カレンダー

<< 2015/10 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2015/10/31 土 [商品情報]

根芋は秋に収穫した親芋をおがくずなどに深く埋め、そこから出てきた芽の部分が日に当たらないように軟白栽培して収穫したもので、大きいですが里芋のスプラウトのようなものです。見た目がウドにも似ています。

根芋はそのものの味自体はクセもなくこれと言った特徴もありませんが、下茹でしたものを和え物などにするとズイキと同じでシャキシャキした食感が楽しめます。また、煮込むととても柔らかくなり、トロッとした食感が楽しめます。スポンジのようなものなので、味を染み込みやすい食材です。

IMG_3733.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/10/31 土 [商品情報]

「島ニンジン」は沖縄だけで栽培されている、耐暑性が強いニンジンで、見た目も一般的なニンジンとはずいぶん違います。色は黄色、長さは30〜40cmでごぼうのように細長い形をしています。

味は甘みがとても強く、いわゆるニンジン臭さのようなものが少ないので、ニンジン嫌いの子どももこれなら食べられるのではないでしょうか。食感も、普通のニンジンと比べてギュッと実が詰まった感じといいますか、密度の濃い感じがします。香りには独特のさわやかさがあります。

IMG_3732.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/10/31 土 [商品情報]

紅芯大根は中国から導入された品種で、その名前の通り、外側が丸みを帯びた小ぶりの青首大根のような色合いで、中が鮮やかな紅色をしている大根です。

中国では「心里美(シンリメイ)」と呼ばれ、祝い事の時に使うことが多いようです。また、生で食べられ、外側と中の色が違い見た目にも綺麗な事から、カービング(飾り細工)にも用いられます。

スライスしたものを酢に浸すと赤い色が紫っぽい色から鮮やかな赤に変わります。甘酢漬けなどにすると綺麗です。

紅芯大根は辛味が少なく、ほんのり甘みと少し苦味がある大根です。煮物より生のままサラダや浅漬けや甘酢漬けなどに向いています。パリッとした食感と綺麗な色合いを楽しめます。

IMG_3730.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/10/31 土 [商品情報]

サヤエンドウの品種はキヌサヤエンドウ(絹さやえんどう)やオランダさやえんどう(オランダ豆)、スナップエンドウなどがあります。また、成熟した実を食べるグリーンピース、ウスイエンドウも仲間です。

さやのまま食べるので、カロテンを沢山摂取できる野菜です。活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守り、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果があります。

IMG_3729.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2015/10/31 土 [商品情報]

若いうちに収穫した10〜12cmほどの小型のきゅうり。もろみを付けて食べるものは「もろきゅう」とも呼ばれます。いぼのない「イボなしミニきゅうり」や、イタリアの「ピッコロ」という品種もあります。

IMG_3728.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る