カレンダー

<< 2016/03 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/03/31 木 [料理]

雪下人参 新潟産と長野産を会社の人達と食べ比べ。新潟産は人参特有の味が広がりつつ甘い!人参の味がしっかりしている。一方、長野産はリンゴのような果物みたいな食味。甘くてそのままデザートとして食べれそう。色々な感想がでました。同じ雪下人参でも産地が違うとこんなに違うのですね。食べ方のご提案としては、サラダ、煮物、天ぷらなどは新潟産。お菓子やジュースには長野産が合いそうです。食べ比べすると調理方法で使い分ける良いヒントになります。

雪の多い土地では冬に食べる野菜(人参、キャベツ、大根など)秋に収穫後雪の下で保存する方法は昔からの知恵だそうです。雪下人参は普通より糖度が2倍ほどになるのは、凍ってしまわないように野菜の水分が糖分に変わるから、野菜の生命力を感じます。

★雪下人参 新潟産と長野産雪下にんじん.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/03/30 水 [料理]

沖縄野菜が出始めました。丸オクラは角オクラより大きくなっても身が柔らかい特徴があります。塩もみして熱湯で15秒、冷水につけると鮮やかな緑色になります。味は生と変わりませんが、見た目は綺麗な方が楽しいですね。

★丸オクラとミニトマトとチェリーモッツァレラのサラダと丸オクラの生ハム巻き

丸オクラ (2).jpg

丸オクラ (1).jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/03/29 火 [社長の独り言 【本】]

IMG_5631ss.jpg

久々の本に関する投稿だけれど、これから少しずつまた復活させていこうかと思っている。まっ、『こいつ、こんな本読んでるのか・・・』 程度に、読み流してもらえたらありがたい。大体、ぼくが書評じみたなものを、書けるはずもないのである。

ぼくはこれまで、エッセイと言うジャンルの本を読んだことがなかった。だからエッセイと言うものがどういうものなのかよく判っていないし、だからこの本を読んで、ああだこうだと書くつもりもないし、お勧めしたりしなかったりと言うことをするつもりも毛頭ない。本当に、個人的な感想であることをお許しいただきたい。

この本はただ純粋に、痛快で、切れ味がよく、読んだ後に何とも言えない心地よい気持ちにしてくれた。ぼくにとっては、エッセイって面白いなと思させてもらえた貴重な体験だった。タイトルにあるように、このシリーズの5作目の作品らしい。と言うことは、あと4冊は同じように愉しませてもらえるってことだ。伊集院静という人物のことをよくは知らないけれど、なかなか骨のある今の時代には必要とされる人のように思えた。


追いかけるな 大人の流儀5
伊集院静 著 講談社

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/03/28 月 [商品情報]

かたくりの花は別名「春のはかない命」とも言われ、北国に春の便りを運んでくれる花です。万葉集にも登場し、古来から親しまれ7年もの歳月をかけて発芽するかたくりは、わずか数日間という短い期間だけ花を咲かせます。

昔は、この「かたくり」を原料に片栗粉が作られていたそうです。今でも澱粉(でんぷん)のことをかたくり粉ということがある。 (今はジャガイモで作っているらしいです) 葉や花も食べられます。さっとゆでておひたし、あえもの等にオススメです。

IMG_4031.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/03/28 月 [商品情報]

雪下人参とは、昨年秋に収穫する人参をわざと3〜4 メートルもの雪の下で冬を越させ、春の3月中旬から4月頃にかかけて除雪をし収穫する人参のことです。
特徴は、糖度が普通の人参に比べ2度程高く、人参特有の嫌な癖もありません。

人参嫌いのお子様にも喜んで食べていただけるサラダや生ジュースなどの生食専用人参です。

IMG_4029.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る