カレンダー

<< 2016/07 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/07/24 日 [商品情報]

ユリネは、古くから食用や薬用として利用されてきましたが、鬼ユリ(オニユリ)、小オニユリ(コオニユリ)などの隣茎(球根)です。たくさんの燐片が重なっているこの隣茎の形から「百合」の字が当てられたと言われています。

京都では丹波産が知られています。こちらは8月頃から秋にかけて収穫されますが、北海道では霜が降りる10月頃から年末にかけて主に収穫されます。

IMG_4247.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/07/24 日 [商品情報]

白コーンは実の色が白く非常に糖度が高くなる品種です。

真っ白の見た目や、生のまま食べられる極甘のスイートコーンです。

色は名前の通りクリームシチューのような白で、一粒一粒の果皮は柔らかく、噛むと中から甘い果汁がほとばしる感じがします。また、新鮮なものは生のまま食べることもできます。

茹でてもその甘さはそのままで、何も付けなくても美味しく食べられます。

IMG_4246.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/07/24 日 [商品情報]

米ナスと同じような形をしています。表皮の色は真っ白で艶があり、ヘタの部分は緑色です。こうした真っ白のなすには一般的な紫色のナスに含まれるアントシアニン系色素の「ナスニン」が含まれていないのが特徴です。

中の果肉も見事に真っ白で、種も気になりません。

白ナスはこの白さがポイントです。切ると時間と共にアクのために茶色く変色してくるので、すぐに塩水に浸して置くようにしましょう。
フライパンなどで焼いたり炒める等の加熱調理すると皮の色が茶色くなります。白く仕上げたい場合は、さっと180度位の油で素揚げしておくと綺麗に仕上がります。

IMG_4245.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/07/24 日 [商品情報]

オカワカメは南アメリカの熱帯地域が原産とされるツルムラサキ科のつる性植物の葉で、正式な和名は「アカザカズラ」と呼ばれているものです。別名「雲南百薬」とも呼ばれ、非常に栄養成分に富んだ食材で知られています。

オカワカメはツルムラサキと同じように葉に厚みがあります。
触った感じはしっとりとしていて、ゴムのような感触ですが、細く、または細かく刻むとぬめりが出てきます。
生のまま食べると青臭みが感じられますが、さっと茹でる事でかなり食べやすくなります。茹でた状態が見た目や食感ともにワカメとよく似ていることから「オカワカメ」と呼ばれるようになったそうです。


IMG_4244.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/07/24 日 [商品情報]

小さく食べ切りサイズのカリフラワーです。

冷蔵庫にも入りやすく、ミニ野菜がスタンダードになる時代が来るかも?しれませんね。

IMG_4243.PNG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る