カレンダー

<< 2016/08 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2016/08/29 月 [商品情報]

「赤大根」のスプラウトです。
サクラ色の軸、緑の双葉ので、食卓を彩り豊かに、ちょっと贅沢に演出してくれます。

トッピングに2色使いでグラデーションの彩りが楽しめそうです。

IMG_4316.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/08/29 月 [商品情報]

紫色のニンジンにはいくつかの品種があります。

大きさは一般的な五寸ニンジンほどの長さで、ややスリムな形をしています。特徴的なのは中が紫色と黄色のグラデーションが綺麗な模様になっていることです。
この他、中まで紫色の物や、外側だけ紫色で中がオレンジ色の物などもあります。
ただ、同じ品種でも栽培土壌や環境などによっても色の入り具合は違ってくるようです。

紫人参は茹でると色素が流出し、茹で汁が紫色になってしまいます。また、人参そのものの色も薄くなってしまうので、生のままスティックや薄くスライスしてサラダやバーニャカウダなどで食べることをお勧めします。生のまま食べるとコリコリした食感と、ほんのりと甘味があり美味しいです。

IMG_4315.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/08/29 月 [商品情報]

ムカゴはナガイモや自然薯などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽の事で、秋になるとヤマノイモの蔓の葉の付け根辺りに沢山付き、地下の芋同様貴重な山の幸として食用になります。

むかごは皮はむかず、そのまま調理します。

むかご飯 ムカゴ100gで3〜4合のご飯が炊けます。ご飯と一緒に炊き上げてもいいのですが、面倒でもムカゴだけ別に塩湯でして、その茹で汁でご飯を炊いてから混ぜるようにした方がムカゴがホクホクと食感が残って美味しく仕上がります。
かき揚げ サクラエビや他の野菜と共にかき揚げにすると美味しいです。
塩茹で 単にムカゴを塩茹でしただけでもつまみになります。


IMG_4314.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/08/29 月 [商品情報]

金時人参の小さいもので京かんざしと言います。普通の洋人参よりも柔らかく甘みも強いにんじんです。
見た目も赤くきれいなにんじんです。

関西地方ではお正月の「お雑煮」や「なます」「ちらし寿司」などにも 利用されています。晩生の細長い金時にんじんは、冬が旬でこれからが美味しい野菜です。

IMG_4313.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |

2016/08/22 月 [商品情報]

へべすは、宮崎県原産の香酸かんきつです。
「平兵衛酢(へべす)」いまから180年ほど前、宮崎県日向市の富高という地区で見つけた長曾我部平兵衛じいさんにちなんでつけられました。その酢 みかんは、なんとも香しく地元ではお味噌汁から魚の焼き物、お菓子や焼酎のカクテルに至るまで幅広くつかわれるようになりました。 

独特の香気・風味を持ち、種子が少ない、果汁が多い、皮が薄いなどの特長があり、料亭や日本料理店でも重宝されています。

IMG_4311.jpg

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る