カレンダー

<< 2017/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/01/16 月 [商品情報]

ヨーロッパ野菜

イタリアで人気のサラダ野菜で、チコリア・アスパラジオという原名に親しみを込めてつけられたのが、このプンタレッラという名前です。旬が短く、イタリア国内で市場に出回るのも、冬のほんの短い時期だけです。

プンタというのは「尖った」という意味。この尖った「とう」の部分を食べる。中は空洞ですがしっかりとした歯ごたえがあり、日本の京菜に似た葉の部分もくせがなくて美味しい。

生のままサラダやバーニャ・カウダに、またグリルしてレモンをキュッと絞っていただくなど、シンプルな調理法でそのもののを楽むのがおすすめです。




IMG_4704.JPG

IMG_4705.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/01/16 月 [商品情報]

ワラビは全国に自生しているシダの仲間の一種で、若芽を山菜として食用にします。また、ワラビの根には澱粉が多く含まれており、このデンプンからワラビ餅のもととなるワラビ粉が作られます。

お浸しや、煮物、味噌汁の具などいろいろな料理に使用できます。また良く似ているゼンマイなどと同じように塩漬けや天日干しにして保存して煮物などに使用するのも定番の食べ方です。

IMG_4703.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/01/16 月 [商品情報]

お料理の彩りに使われる水仙の花です。

水仙の花言葉は「自己愛」「うぬぼれ」  ナルシストの語源にもなったギリシャ神話のナルキッソスのお話から来ている花言葉のようですね。

花言葉はさておき、12月〜2月頃に開花。ニホンズイセン(日本水仙)という名をもちますが、原産地は地中海沿岸です。室町時代以前に中国を経由して日本へ渡来したと考えられています。

IMG_4702.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/01/16 月 [商品情報]

ギョウジャニンニクはタマネギやニンニク、ニラなどと同じユリ科ネギ属の多年草です。日本には近畿以北から北海道にかけて分布していますが、東北より南では高山でしか見られません。そのため、「行者が食べるにんにく」ということから名付けられたという説が有力です。初夏に葱坊主と同じような花を咲かせ、それからできる種と株から出てくる新芽で増えていきます。

ギョウジャニンニクは凍らせると臭いの成分である含硫アミノ酸が働きません。なので餃子などに使う場合は一度凍らせてからみじん切りなどにして他の食材と混ぜることで匂いを抑えることができます。

醤油漬けは、そのままお酒のおつまみにもなります。また、刻んでご飯に乗せて食べても美味しいです。

IMG_4701.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/01/16 月 [商品情報]

花わさびや葉わさびと呼ばれるものは根茎部分を指す「わさび」の葉や花芽の事です。ワサビは根茎部分だけでなく、葉柄の部分や花芽も食用として収穫されています。

花わさびとは花を咲かせる前のつぼみ状態の若い花茎を収穫したもので、春を訪れを告げる食材の1つです。わさび特有の鼻に突き抜ける爽快な辛みと、独特の苦味やシャキシャキとした歯ごたえが特徴です。

おひたしや和え物、天ぷら、炒め物などに使われます。

IMG_4700.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る