カレンダー

<< 2017/05 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/05/29 月 [商品情報]

赤毛瓜は毛瓜や赤瓜などとも呼ばれるウリ科のきゅうりと同じ仲間になります。沖縄では古くから栽培されてきた伝統野菜の一つで、モーウィという呼び名で親しまれています。

果皮の表面は茶色で、表面に果実全体にわたり細かいひび割れが模様のようにできています。
皮は外見からの印象程厚くはなく、中の果肉は真っ白で、瓜らしく薄い緑のゼリー質と共に種が並んでいます。

基本的にはきゅうりと同じと考えて良いですが、皮は固いので剥き、種の部分も取り除いて、白い果肉部分だけを使います。
青草みもあまりなく、味はさっぱりとしていて癖が無く、色々な料理に合わせられます。生だと歯ざわりがとても良く、煮ると味が染みやすい特徴を活かしましょう。


IMG_4924.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/05/29 月 [商品情報]

オクラの花なのですが、花が美味しくなるように改良した品種です。この花を食します。この花には、オクラの香りと粘りがあり、野菜らしい濃密な甘さがあります。
 
花びらを刻んでサラダにしたり、花びらで生ハム等をくるんだりと、食感と彩りが楽しいエディブルフラワーです。

IMG_4923.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/05/29 月 [商品情報]

ズイキは芋がらとも呼ばれ、八ツ頭や唐の芋、赤芽芋などの里芋の葉柄部分です。

また、芋は食べられない葉柄専用のハス芋の葉柄部分も含めます。いずれも食用にされていますが、八つ頭から採れる「赤ズイキ」が一般的です。

貝塚で作られている唐芋系のズイキで、その葉茎が赤褐色であることから「紅ずいき」と呼ばれています。

ズイキはシャキシャキした歯触りと、さっぱりとした食味が持ち味です。そう言ったものを活かしたおひたしやあえ物などが定番です。


IMG_4922.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/05/29 月 [商品情報]

アーティチョークは地中海沿岸のヨーロッパでは春から初夏にかけてごく身近な食材として、家庭でも好んで食べられています。
一般的には茹でて食べるのですが、ブロッコリーなどのように全部食べられるわけではなく、ガクの付け根の肉厚の部分は歯でしごくように食べ、花芯部はそのままかじったり、ナイフで切ったりして食べます。味は芋のようなカリフラワーの軸のようなと言った感じです。

IMG_4921.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/05/29 月 [商品情報]

お盆になくてはならない切花として、露地や雨よけハウスで栽培されています。1メートルほどの枝にオレンジ色のボリュームある実がつき、お供えの他お飾りや器として和風料理にも使われます。

IMG_4920.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る