カレンダー

<< 2017/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/12/11 月 [商品情報]

名前は「◯◯◯柚子」となっていますが、オニユズ(シシユズ)はブンタンの亜種にあたります。中国が原産で奈良時代に日本に入ってきたとされています。

その姿かたちはまさに「獅子」のような顔をしていますね。ダイダイのように正月に玄関などに飾ったりするのに使われるなど、食用と言うより観賞用に使われる事の方が多い果物です。

獅子柚子はユズではなくブンタンの仲間なので、ユズのような強い香りは無く、ほのかに柑橘類の香りがします。とても大きな実で、直径20cm前後にもなりますが、皮が非常に厚く、表面が滑らかではなくブクブクした感じに起伏しています。表皮と果肉の間には文旦と同じようにかなり厚く白い綿が詰まっています。中のサジョウはグレープフルーツ程の大きさで、水分が少なめで触った感じはパサパサしています。

IMG_5246.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/11 月 [商品情報]

柊は、トゲトゲの葉が特徴の樹木です。昔から魔除けになると信じられ、日本では正月飾りや節分に鰯の頭と一緒に飾られます。また、クリスマスの飾りとして、リースによく使われています。

花言葉は『用心深さ』『先見の明』『保護』

葉のトゲにちなんで、ヒリヒリ痛むことを意味する「疼ぐ(ひいらぐ)」が、和名の語源とされています。また、痛みがうずくという意味で、「疼木」という字が当てられることもあります。

トゲには魔除けの効果があるとされ、古くから庭木として利用されてきました。今でも節分に飾られる柊鰯は、平安時代から続く習慣です。

当時、節分は季節の変わり目で、鬼が現れやすい日とされていました。鬼は、鰯の臭いと柊のトゲを苦手としていることから、柊鰯を飾って追い払っていたそうです。


IMG_5245.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/04 月 [商品情報]

「島人参」は沖縄だけで栽培されている、耐暑性が強い人参で、見た目も一般的な人参とはずいぶん違います。色は黄色、長さは30〜40cmでごぼうのように細長い形をしています。

味は甘みがとても強く、いわゆる人参臭さのようなものが少ないので、人参嫌いの子どももこれなら食べられるのではないでしょうか。食感も、普通の人参と比べてギュッと実が詰まった感じといいますか、密度の濃い感じがします。香りには独特のさわやかさがあります。


IMG_5244.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/04 月 [商品情報]

マイクロシリーズ

マイクロルッコラ
マイクロレッドキャベツ
マイクロチコリ
マイクロクレソン
マイクロデトロイト
マイクロアマランサス
マイクロカラシミズナ
マイクロミックス


ミニシリーズ

ミニルッコラ
ミニレッドキャベツ
ミニチコリ
ミニクレソン
ミニデトロイト
ミニカラシミズナ
ミニターサイ
ミニグリーンマスタード
ミニミックス

ルッコラ
ゴマを思わせる特有の香りが凝縮された特徴。

レッドキャベツ
キャベツに似た甘みがあります。

チコリ
ほのかな甘みの癖のない味です。

クレソン
小さいながらもさわやかな香りと淡い辛味とほろ苦さが特徴。

デトロイト
癖のない味でどんな料理にもよく合います。

アマランサス
よく噛むと少し苦味がありますが、主張しすぎない食味です。

カラシミズナ
噛みしめるとピリッとした辛味が特徴。

ターサイ
葉に厚みがありしっかりとした食感があります。

グリーンマスタード
薄い緑色の葉で、見た目よりもしっかりとした辛味が特徴。

IMG_5243.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/12/04 月 [商品情報]

大きさや太さ、葉の形などは一般的な水菜とほぼ同じなのですが、茎の色だけが違い、綺麗な紫色をしています。

一般的に紫色(アントシアニン)を含む葉野菜などは茹でるとその色が流失し、緑色になることが多いのですが、この水菜はゆでてもほんのりと紫が残ります。
また、酢に反応して綺麗な色に発色するので、浅漬けなどにすると仕上がりが美しいです。

IMG_5242.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る