カレンダー

<< 2017/10 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/09/26 火 [商品情報]

ワサビ菜は、九州で在来種の「からし菜」から生まれた変異種を育成されたものとされています。

葉が、長く伸び、淵がギザギザのフリル状になるのが特徴で、ワサビ菜特有のピリッとした辛みを持っています。
葉が柔らかく、生のままでもサラダなどで美味しく食べられ、見た目のボリューム感と鮮やかな色合い、そして持ち味のピリッとする味で人気があります。

ワサビ菜は外側の葉になるほど固くなります。生のままサラダで食べるなら内側の柔らかい黄緑色の葉が美味しいです。外側の固い葉は下茹でしておひたしやあえ物など火を通す料理に向いています。

IMG_5094.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/09/26 火 [商品情報]

白霊茸(はくれいたけ)は中国の新疆ウイグル自治区に自生しているキノコで、中国では菌床栽培されています。日本には近年入ってきた比較的新しいキノコです。「バイリング」や「雪嶺茸(ゆきれいたけ)」などとも呼ばれ、強い芳香とコリコリした食感がアワビを思わせる事から名付けられました。

はくれい茸は香りが強くキノコの良い香りがします。また、とても肉厚で、噛むとコリっとした感触が楽しめます。シンプルにフライパンでステーキの様に焼いて食べると美味しいです。バターやオリーブオイルを使うと良いでしょう。
肉厚な特徴を活かし、カツレツにしても美味しいです。

IMG_5093.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/09/19 火 [商品情報]

カーボロネロはイタリア、トスカーナ地方が原産と言われている結球しない葉キャベツの一種で、「ケール」と同じ仲間に当たります。いくつかの品種があり、日本では黒キャベツとも呼ばれています。

株は中心に太目の茎があり、そこから放射状に細長い葉を伸ばします。
葉は中心に太い葉脈があり、細長い形をしており、表面は細かく縮れ、葉の縁が裏側に丸まっています。

色は黒キャベツとはいっても真っ黒ではなく、濃い緑色です。
やや繊維質が固く感じますが、味は見た目の印象ほどクセはありませんが、味自体は濃く感じます。
煮込んでも煮崩れしにくいですが、色は黒ずんだ感じになります。

IMG_5092.JPG

| comments (276) | trackbacks (0) |

2017/09/19 火 [商品情報]

葉の形は切れ込みがなくミブナのようなスリムな形をしています。コマツナを小さくしたような感じにも見えます。カブの部分は小豆ほどの大きさで収穫されます。味自体はクセがなく、ほのかにカブの香りがします。

うぐいす菜は京の伝統野菜の一つとして扱われている蕪(かぶ)の一種です。一般的なカブを若取りしたものではなく、京都市のホームページによると、江戸時代中期に中京区神泉苑町の農家が、天王寺かぶの早生種作出のために選抜淘汰してできたとされ、早春の菜としてうぐいすの鳴く頃に収穫されることから呼ばれたとも言われているそうです。

IMG_5091.JPG

| comments (154) | trackbacks (0) |

2017/09/19 火 [商品情報]

松きのこは、広島県世羅町の「世羅きのこ園」が十数年前、マツタケとシイタケの菌を共生させ、突然変異で生まれた商品です。

松きのこは生食ができるということ。その食感はシャキシャキとして、歯応えがしっかりとあります。またその香りは松茸に似ており、爽やかさも感じられます。

IMG_5090.JPG

| comments (151) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る