カレンダー

<< 2017/04 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/04/01 土 [商品情報]

白ダツは白ズイキのことで、料亭ならではの一般にあまりなじみの無い食材かもしれません。
ズイキ(芋茎)とは、サトイモの葉柄を栽培したもので、表面の色によって、赤、白、青の3種類にわかれます。
白いズイキは、エビイモやサトイモなどの葉柄で、太ったころに紙を巻き、日があたらないように栽培されます。エビイモの白ズイキは、脱色されたという意味から白ダツとも呼ばれていて、高級食材として和食の世界では珍重されています。


IMG_4853.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/27 月 [商品情報]

蓼食う虫も好き好き−。とことわざにあるのをご存じですか?
これはとても辛いタデの葉を好んで食べる虫に例えて人の好みのおもしろさを表しているのです。このように古くから親しまれているタデは、現在では一般には刺身のツマとして目にしますがサラダに使用したり、最近の研究では高血圧を改善する成分も多く含まれていることも発表されています。

つまや薬味に使われます。

IMG_4849.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/27 月 [商品情報]

里芋の代表的な品種石川小芋。大阪府南河内郡の石川村(現河南町)がこの芋の原産地とされ、その地名がつけられています。

子芋は他の品種に比べ小ぶりで、煮物やきぬかつぎにされることが多いです。8月15日、十五夜の月見はイモ名月とも言われ、この石川小芋を皮ごと蒸して塩を振って食べる習慣があります。この料理を「きぬかつぎ」と呼びます。

石川早生の子芋は蒸したり茹でると手で簡単につるっと皮がむけます。肉質に粘りがあり、蒸したときに皮離れがいい石川小芋ならではの食べ方です。

IMG_4848.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/27 月 [商品情報]

これは紫の縞模様が美しいナスで、品種名もゼブラ(Zebra)といいます。一般的な千両茄子よりも大きくふっくらとしていて、米ナスと同じくらいかやや小さいくらいの大きさです。

この品種は皮がやや固い傾向にあるようです。しかし、果肉は締りがあり、加熱することで独特の食感が生まれ、苦味などもなくとても美味しいです。

基本的には加熱調理に向いたナスで、肉質に締りがあり、生や漬物には向いてません。


IMG_4847.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/27 月 [商品情報]

レッドソレルより葉の部分が大きめなデビルソレルです。

5僂らいの葉で葉脈と茎がしっかり赤に染まっています。

味は酸味があり、オリーブオイルに良く合います。

カルパッチョなどにオススメな商品です。

IMG_4846.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る