カレンダー

<< 2017/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/11/06 月 [商品情報]

小ぶりのナスです。大きさは一つ50〜70gほどと、ちょっと大きめの小ナスといった感じ。中の果肉は水ナスの系統だけあって水分が多くみずみずしい感じがしますが、かじってみるとしっかりとした歯触りが楽しめます。

スライスなど切ってしばらく置いておいても茶色く変色しにくいようです。これはアクの少なさの表れと思われ、生のまま食べた食味は、サクッとした食感に続いて、ほんのり甘味が感じられました。

IMG_5188.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/11/06 月 [商品情報]

別名を、チシャトウ、セルタス、アスパラガスレタスといいます。原種は中国のチシャ類の一種で、茎を主として食べるチシャトウと掻き取った葉を利用するカキチシャがあります。
中国野菜としても親しまれていますが、日本料理でも様々に使われています。
葉を掻き取って茎を太く育てる。茎の部分の皮をむいて茹でたものを炊き合わせや和え物、西京みそに漬けるなどの調理法があります。


IMG_5187.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/11/06 月 [商品情報]

ビーツは地中海沿岸が原産とされるアカザ科フダンソウ属の根菜です。砂糖の原料に使われる甜菜(テンサイ)と同じ仲間にあたり、ショ糖を多く含んでいるので野菜の中ではかなり甘い部類にはいります。

ビーツは皮をむけば生のままでも食べることが出来ます。薄くスライスして綺麗な縞模様を活かし、サラダなのに散らすと綺麗です。
また、茹でる時は皮ごと丸のまま茹でるようにします。そうすることで色の流失を少なく抑えます。

IMG_5186.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/10/29 日 [商品情報]

京料理の盛り付けなどに使われる姫人参です。

通常の人参よりも甘みが強く柔らく、臭みが少ないので生食に適しています。

人参と同じでβカロテンが豊富に含まれています。カロテンは、活性酸素の働きを抑制し、ガン予防の効果があります。免疫力も活性化し風邪予防にも期待できます。
体内でビタミンAに変化するので、皮膚、粘膜を健康に保ち、肌が潤おうとも言われています。

IMG_5177.JPG

| comments (182) | trackbacks (0) |

2017/10/29 日 [商品情報]

赤長ピーマンの「よさこいハニー」です。

甘長ピーマンはいわゆるスイートペッパーなので甘長とうがらしとも言えます。そういう意味では「赤万願寺とうがらし」も含まれるかもしれません。

これは高知県で作られているもので、「獅子唐」と「パプリカ」を交雑させた品種のようです。
形は万願寺やパレルモより程首にくびれがなく、先が尖り比較的すっきりとし牛角型です。
食べた感じは、果肉に適度な厚みがあり歯触りがよく、辛味はほとんどありませんが、パプリカというよりもトウガラシの香りが強く感じら、ほんのり甘味もあります。

IMG_5176.JPG

| comments (1) | trackbacks (0) |
<<前のページへ [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る