カレンダー

<< 2017/12 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/10/29 日 [商品情報]

スペアミントはペパーミントよりも香がやや穏やかでマイルドな清涼感とほのかな甘みを含みます。

誰からも好まれる香りで、料理用ハーブとしてやケーキやサラダの盛り付けの一部として使われることが多い。

ケーキの盛り付けに使われているミントは甘いケーキの口休めに丁度良いので残さず食べることをお薦めします。
眠気覚ましや集中力を高めたいときリフレッシュやリラックスしたい時に使うと効果があります。

ミントの葉たくさんちぎって作ったカクテル「モヒート」もお薦め。ちょっと飲みすぎたときや疲れたときに飲むと非常に爽やかでリフレッシュできます。

IMG_5175.JPG

| comments (1) | trackbacks (0) |

2017/10/29 日 [商品情報]

ヤーコンは中南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、草丈は1〜2メートルにもなり、 地下の塊根(イモ)と塊茎を食用に利用します。 インカ帝国の昔から、果物のような野菜として親しまれていたそうです。

現在調べられているあらゆる野菜の中で、最高にフラクトオリゴ糖を含んでいる魅力的な野菜ということが発見され、食物繊維やミネラルを豊富に含んでいることと合わせてダイエット効果と美味を兼備した健康根菜として脚光を浴びています。

塊根部(芋)の形はサツマイモにそっくりですが、味や歯ざわりはナシのようで、シャキシャキとした触感と甘さがあります。生でサラダなどに入れることが多く、炒め物や揚げ物にも適しています。

使う際はピーラーなどで皮を剥きます。剥いて細切りやスライスなどに切った後は数分間水にさらしておく方が仕上がりが白く綺麗に上がります。


IMG_5174.JPG

| comments (1) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

京芋(きょういも)や唐いもとも呼ばれています。

京都を中心に古くから作られ、京料理の食材として用いられてきたことから京芋(きょういも)と呼ばれています。

宮崎県特産の「京いも」は、普通のさといもとは異なり、形は円筒形で、大きいのが特徴です。呼び名は地上に頭を出している姿が筍に似ている事から一般では“たけのこいも”とも呼ばれていますが、地元では“台湾いも”と呼ばれていました。
「京いも」の肉質は粉質で身がしまっており、煮くずれしないのが特徴です。また、皮をむきやすいため料理には大変便利な食材です。


IMG_5172.JPG

| comments (92) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

カリフローレとは一般的なカリフラワーのように一つの丸い塊状に花蕾が出来るのではなく、花梗が細長く分岐し、花蕾がばらけた感じにできます。

一般的なカリフラワーが主に花蕾を食べるのに対し、カリフローレは花梗(花の下の軸の部分)が長く、黄緑色で、どちらかと言えばその花梗部分を食べます。

生のままでも食べられるとされており、さっと茹でると、コリッとした歯触りで味にクセやアクが無く、見た目もころんとしたカリフラワーとは違った良さがあります。

IMG_5171.JPG

| comments (1) | trackbacks (0) |

2017/10/22 日 [商品情報]

根芋は秋に収穫した親芋をおがくずなどに深く埋め、そこから出てきた芽の部分が日に当たらないように軟白栽培して収穫したもので、大きいですが里芋のスプラウトのようなものです。見た目がウドにも似ています。

根芋はそのものの味自体はクセもなくこれと言った特徴もありませんが、下茹でしたものを和え物などにするとズイキと同じでシャキシャキした食感が楽しめます。また、煮込むととても柔らかくなり、トロッとした食感が楽しめます。スポンジのようなものなので、味を染み込みやすい食材です。

IMG_5170.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る