カレンダー

<< 2017/04 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2017/03/21 火 [商品情報]

あゆたで
笹蓼とも呼ばれます。辛味は強いが香りが高く、本葉や若葉をすりつぶしたり刻んで2杯酢とあわせた「たで酢」は、焼き魚、ことに鮎の塩焼きにはおすすめです。殺菌効果もあるので悪食の鮎に添えられるのは、まさに理にかなった使い方といえます。

IMG_4840.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/11 土 [商品情報]

ハウス栽培、新物のすだちです。

すだちはゆずの近縁種で、徳島原産の香酸かんきつで独特のさわやかな香りと風味が特徴。

スダチの実はレモンを上回る豊富なビタミンCを含み、果汁はもちろん果皮まで薬味などに使われ、絞って、輪切りで、果皮をすり下ろしてと、さまざまな形で料理を引き立てる名脇役です。「スダチ」は、高級調味料として料理、お酒、飲料などに使われている万能果汁で、その実は独特のさわやかな酸味とすがすがしい香りで昔から愛されてきた人気の逸品です。

IMG_4818.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/11 土 [商品情報]

ユズは初夏に花を咲かせ、夏に青玉と呼ばれる未熟な青い実が収穫されます。その後12月を前に11月中、下旬あたりから黄色い熟した物が鍋の季節に合わせて収穫され出回ります。

ユズはミカン科ミカン属の果実で、海外でも「ユズ」と呼ばれています。原産地は中国の揚子江上流とされていますが、ご存知のように日本でも古くから各地で栽培され、寒さに強い事もあり、東北地方まで栽培が可能な数少ない柑橘類となっています。

ユズは主に皮を料理の風味付けに使われます。 肉じゃがの隠し味に少し添えたり和え物や冷奴などに果皮をほんのひとかけ添えるだけでとても上品な料理になります。

IMG_4817.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/11 土 [商品情報]

「エルバステラ(Erba Stella)」はイタリア語で『星の草』と言う意味の名前の野菜です。英語では「バックスホーン(Buck's Horn)」と言い『鹿の角』という名前が付けられています。
学名はPlantago coronopusでオオバコの一種にあたり、ユーラシアから北アフリカが原産とされ、もとは雑草として自生していたものと思われます。宿根草で、春にロゼット状に細長い葉を伸ばし、寒い冬になると地上部の葉が枯れ根だけで休眠状態になり、翌春また芽を出します。

生のまま他の葉野菜と一緒にサラダに混ぜたり、パスタやピザの具や彩として使われます。

IMG_4816.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2017/03/11 土 [商品情報]

伏見甘とうがらしは江戸時代から京都の伏見地区で栽培されてきた甘唐辛子の一種で、京の伝統野菜のひとつとして扱われています。
辛みが無い唐辛子なので、別名、「伏見甘(ふしみあま)」とも呼ばれてきました。独特な風味と甘さを持っています。

京都では、実だけでなく、葉の部分も「きごしょう」と呼び、ジャコなどと煮物にしたり、甘辛く佃煮などにしておばんさいの一品として食べる風習があります。

IMG_4815.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
ページのトップへ戻る