| 取扱商品トップに戻る |

百合根

ゆりね
ユリの地下茎に出来る肥大した茎の部分が百合根である。百合根として食用にされるのは、ヤマユリ、オニユリ、コオニユリと、オニユリとコオニユリの交雑種である。関西での利用が圧倒的に多く、甘く煮含めたり、茶碗蒸しの具、梅肉和え、揚げ物などに使われる。秋が収穫期であるが、きわめて貯蔵性が高く、旬といえる時期はない。

主産地 : 北海道、京都
時期 : 8〜12月(但し貯蔵品は通年)
規格 : 1ケース=2kg、5kg(北海道産)、800g(京都産)
ページのトップへ戻る
ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク