| 取扱商品トップに戻る |

アケビ

あけび栽培あけび天然


あけび
早春に芽吹く若芽をつけたツルと、秋に実る果実を食用とするが、若芽はほとんど入荷せず秋の果実が主体となる。果実は熟すと皮が割れて果肉が見えるので、開身(あけみ)の意味が転じてアケビといわれるようになったという。果肉は半透明の仮種衣を持った多数の黒い小さな種子を包んで、とろりとして甘い。果皮も、油で揚げたり炒めたりして食用とする。また船底型をした厚い果皮は、料理の器として野趣がある。
写真左が栽培で、写真右が天然物。半透明の仮種衣は、天然物のほうが、断然甘くて美味しい。

主産地 : 山形、徳島
時期 : 9〜10月
規格 : 1ケース=7〜9入り(Mサイズ)、5〜7入り(Lサイズ)
     1パック=2〜3個入り
ページのトップへ戻る
ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク