| 取扱商品トップに戻る |

ビーツ

ビーツびーつ
原産地はヨーロッパから北アフリカの沿岸地帯。2〜3世紀から食用にされており、16世紀以後にヨーロッパやアメリカで品種改良が進んだ。日本へは18紀に入ってきたが、明治時代に栽培が始まってからもあまり普及しなかった。最近のサラダ料理の普及に伴い、消費量は増加傾向にある。ふだん草やてんさいの仲間で割ると真っ赤なところから火焔菜(カエンサイ)の別名がある。ボルシチなどの煮込み料理や、サラダ、酢漬けなどに利用する。


主産地 : 長野、オーストラリア、ベルギー
時期 : 6〜3月(長野)、5〜9月(オーストラリア)、10〜4月(ベルギー)
規格 : 1ケース=10kg

ページのトップへ戻る
ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク