| 取扱商品トップに戻る |

サボイキャベツ

さぼいきゃべつ
チリメンキャベツとも言う。サボイキング・サボイクイーンとは、品種名である。普通のキャベツと並行して発達し、不結球・半結球・結球型がある。葉面に縮れのあるのが特徴で、その程度は品種により差が大きい。葉色は黄緑から濃緑、結球型では球内まで黄色を帯びる。縮れによる弾力性で輸送性が高く、日持ちも良いので、かつては船の食料として珍重された。


主産地 : オーストラリア、オランダ、兵庫
時期 : 5〜9月(オーストラリア)、10〜4月(オランダ)、11〜4月(兵庫)
規格 : 1ケース=10kg入り(4〜6玉)

ページのトップへ戻る
ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク