勝間南瓜 大阪産

江戸時代末期、勝間村(現在の大阪市西成区玉出町)の農家が、天満の青物市場問屋年行司あてに「立ち売り許可願」を申し出ました。その中に「南京瓜」と記載されていたことから、このかぼちゃを勝間南瓜と呼んだと考えられています。

形状は小ぶりで縦溝とこぶがあり、果肉はねっとりとして水分が多い日本かぼちゃの一種です。当初の果皮は緑色ですが、熟すと赤茶色になり甘みが増します。西洋かぼちゃと比べて甘みはさっぱりとしており、果皮も柔らかく、味付けがしやすいかぼちゃです。