カレンダー

<< 2018/01 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事カテゴリー

バックナンバー

最近のエントリー

最近のコメント

プロフィール

RSSフィード

キーワード検索

ISO9001

ISOについて全く無知だった私たちがISOとどの様にして出会い、認証取得を決意し、認証取得に向けての活動をしたのか、私たちの1年間の活動を奮戦記として綴ってみました。

社長ブログ

商品入荷情報やお知らせと社長が日々感じたことを綴るコーナーです。ぜひチェックしてください。

ISOマーク

2018/01/15 月 [商品情報]

ソラマメはマメ科ソラマメ属で、ダイズ、ラッカセイ、エンドウマメ、インゲンマメ、ヒヨコマメと共に6大食用豆と呼ばれています。チグリスユーフラテス 河流域からエジプトで4000年以上も前から食用として栽培されていたそうです。

さやから中の豆を取り出し、豆の黒い筋の部分にナイフの手もとの角で少し切り込みを入れておくと後で皮を剥きやすくなります。鍋にたっぷりの水と2%ほどの塩(水1Lに対し塩20g)を入れ沸騰させている所に投入し 1分半程茹でたら取り出し、ザルに揚げます。
この時、冷水に落とす場合もありますが、冷水に落とさずザルに揚げたままうちわであおぐなりして冷ました方が水っぽくならず、美味しく茹であがります。


IMG_5302.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2018/01/15 月 [商品情報]

ヨーロッパなどでは食用として栽培されてきました。中の丸い実を食べるのですが、何とも言えない独特で濃厚な甘酸っぱさがあり、それは英語名にあるようにまさにベリー類にも似た味わいです。

その味や見た目から、「ストロベリートマト」「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」「オレンジチェリー」など色々な名称で出荷されています。

香りは優しくほんのりと甘酸っぱい香りがします。アメリカでは、デザート向けの果実として扱われています。

IMG_5301.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2018/01/15 月 [商品情報]

(土筆/つくし)とは、全国に自生しているスギナの胞子茎の事で、草原や田畑の畦などに多くみられ、古くから親しまれています。

フキノトウに対するフキのように、ツクシとスギナは全く別の植物のように見えますが、地下茎でつながっており、春にツクシが出て、その後スギナが次々に芽を出してきます。

春だけに楽しめる季節感あふれる食材の一つです。

卵とじやつくだ煮、お浸しがお勧めです。


IMG_5300.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2018/01/15 月 [商品情報]

ワラビは全国に自生しているシダの仲間の一種で、若芽を山菜として食用にします。また、ワラビの根には澱粉が多く含まれており、このデンプンからワラビ餅のもととなるワラビ粉が作られます。

お浸しや、煮物、味噌汁の具などいろいろな料理に使用できます。また良く似ているゼンマイなどと同じように塩漬けや天日干しにして保存して煮物などに使用するのも定番の食べ方です。

IMG_5299.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |

2018/01/15 月 [商品情報]

お料理の彩りに使われる水仙の花です。

水仙の花言葉は「自己愛」「うぬぼれ」  ナルシストの語源にもなったギリシャ神話のナルキッソスのお話から来ている花言葉のようですね。

花言葉はさておき、12月〜2月頃に開花。ニホンズイセン(日本水仙)という名をもちますが、原産地は地中海沿岸です。室町時代以前に中国を経由して日本へ渡来したと考えられています。


IMG_5298.JPG

| comments (0) | trackbacks (0) |
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] 次のページへ>>
ページのトップへ戻る