はじかみ 愛知産

矢生姜(はじかみ)は葉生姜の一種ではありますが、一般的な葉生姜とは違い、金時生姜という品種を軟化栽培した芽生姜です。

主に高級料亭などで焼き魚などのあしらいとして添えられるはじかみに使われる生姜で、茎が鮮やかな紅色をしているのが特徴です。

見た目の形が矢に似ていることからそう呼ばれるようになったようです。

矢生姜は主に甘酢漬けにし、焼き魚などのあしらいに使われます。料理屋さんでよく見かけると思いますが、食べずに残す人も良く見かけます。でも、この甘酢漬けって意外に美味しいんですよ。特に魚の臭みも消してくれる上、甘酸っぱさと香りが口の中をさっぱりとさせてくれるので、なるべく食べて頂きたいです。