棒茗荷 栃木産

ミョウガは地下に地下茎を伸ばして広がります。地表に伸びている葉が付いた茎の様なものは茎ではなく偽茎と言われるものです。一般的にミョウガとしてよく知られている赤い芽の様なものは、ミョウガの花のつぼみのようなものです。それに対し棒茗荷は、土を盛るなどして偽茎と呼ばれる葉の部分を軟化栽培した竹の子のようなものです。

棒茗荷の風味は花ミョウガよりも弱く優しいです。シャキシャキした食感が心地よく、それを活かした料理に使いましょう。生のままでも風味が優しいので水にさらしたりする必要はありません。

斜めに薄く刻んでサラダに使ったり、冷奴の薬味などにも使えます。また、食べやすい長さに切ってもろ味噌やマヨネーズを付けるだけでもシャキシャキとした食感とやさしい風味が楽しめて美味しいです。