メカブ 愛知産

メカブとは主に間引き後に収穫された小さな蕪のことをいいます。(間引きとは密着した苗を少数だけ残して残りの苗を採取してしまうことをいいます。)

間引きの際に収穫されるカブです。大きさは手のひらに幾つものメカブが収まるぐらいの大変小さなサイズのカブです。

間引き後のカブのため食べることができ、大きさから汁物の具材や飾り用としても使用されたりします。