加賀れんこん 石川産

 

加賀レンコンと呼ばれているものは品種名ではなく、金沢で作られているレンコンを指しています。品種的には時代と共に変わり、現在は中国から入ってきた「支那蓮種」から選抜育成された「支那白花」という品種が使われています。

加賀れんこんは一般的なレンコンに比べ、澱粉質が多く粘りが強いのが特徴です。蓮蒸しやレンコンもちなどの料理は加賀れんこんならではといっても良いでしょう。

また、ずんぐりと太く、穴が小さい分肉厚なのも特徴です。

茹でてサラダに、生のまま酢の物に、炒め物に揚げ物、筑前煮などの煮物、摩り下ろして蒸し物など色々な使い方があります。