下仁田ネギ 群馬産

 

下仁田(しもにた)ねぎ」は白ねぎの代表品種のひとつで、群馬県下仁田町の特産物としても有名です。一般的な白ねぎに比べて太くて短く、ずんぐりとした形をしているのが特徴。全体の長さは60cm前後、白い部分(葉鞘部)は15~20cmほどで、太いものは直径が5~6cmになります。

肉質がやわらかく、鍋料理やすき焼きに最適。加熱するととろりとした食感になり、甘みと風味がアップします。味のよさと外見の特徴から「殿様ねぎ」ともいわれます。